大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

【テント泊ゼミ第二回】唐松岳

テント泊ゼミ第二回として唐松岳に行ってきました。




メンバー:CL M野、SL K林、S野(B班)、A原(B班)、K本(B班)、K岡(B班)、K見夫妻(A班)、S家(A班)、Y本(A班)


d0247927_21471119.jpg


8/26(土)今回は高山病になれていないメンバーも多いので、朝出発することで体調を整えながら行こう!ということで当日5:30阪急蛍池駅前ローソンに2台6名、吹田に1台4名に分けて出発です。


途中途中SAPAで合流しつつ11:30安曇野ICで高速を下ります。既に予定から遅れています。


お昼ごはんを各自でとアナウンスするのを忘れており、白馬駅のガストで15分ですませ、急いで黒菱駐車場へ。200台停められるそうで、13:00到着でも満杯手前程度でした。


八方尾根は一番下からゴンドラに乗るルートの他に中腹の黒菱駐車場に停めてリフトで上がる方法があり、より安く済むこちらからのスタートにしました(2本のリフト往復まとめて¥1120、荷物15キロ以上で手荷物代¥220が発生。きちんと厳密に計られます)。


まず黒菱第3リフト約7分でスイスイ。乗り継いでグラートクワッド約5分でスイスイ。


d0247927_11392075.jpg


13:30八方池小屋に到着です。かなり予定から遅れています。テン場もうないかも...とかなり焦っています。


この時間に登って行くのなんて我々くらいかと思いきや結構います。


d0247927_11394171.jpg


d0247927_11395616.jpg


※と思っていたのですが、翌日午前中に帰って行く途中すさまじい人人人。実はこの時間が快適だったことが判明しました


d0247927_11401396.jpg


d0247927_11412203.jpg


コースタイムは3時間半のところ、2時間50分で到着。16:20唐松岳頂上小屋です。小屋の方がすぐに「テントですね?」と上から幕営できる場所を教えてくださいます。今回のテント3張はこの時間がリミットですね〜と言われホッと一息。


d0247927_11404329.jpg


※テン場が狭いのは有名なので万が一張れない場合は小屋に素泊まりの予定でした


d0247927_11414650.jpg


なんとか隅っこやかなりの奥に無事3張を張り終え、明日の方が天気がいいという予報なので山頂はご来光のために置いておくことにして早速宴会です。


今日のごはんは紅白鍋(赤:鶏肉のトマト煮+バゲット、白:濃厚白湯鍋@鍋キューブ+中華麺。めっちゃおいしい....)


d0247927_11442081.jpg

唐松岳のテン場は斜面を切って場所を作っているので正面の山々がバッチリ見えます!剱岳(裏ですね)、立山三山まで美しく見えて夕日が落ちるまで眺めることができました。ごはんもおいしさ倍増です。


d0247927_11444672.jpg


ただし吹きさらしでもあるのでとても寒くなって早々にお開き、20:00就寝。


トイレは小屋の中にあり、行くまで登り10分かかるのでビールは控えめにしました。




8/27(日)ご来光を見るため3:30以降各々起床。4:30小屋かからスタート、4:50山頂。やっぱり皆さん山頂でご来光見たいのですね、とても混みました。晴れていたものの、残念ながら太陽の辺りだけ雲が出ており綺麗な丸い太陽は見れませんでいたがそれでも美しい光景を見ることができました。しかしやっぱり寒い。この日の日の出は5:06頃。


d0247927_11450907.jpg


d0247927_11453344.jpg


d0247927_11460564.jpg


太陽自体より陽が斜面に当たって五竜岳などがとても綺麗でした。


ひとしきり満足したらテントに戻り朝ごはん。いい天気なので昨日と同じくらいスカッと晴れた剱岳正面にいただきます。


ゆっくり撤収して7:30下山スタート。リフトも動き出していて、すれ違う人が多い!!!!!



待ったり待たれたりでなかなか進みません。急ぐ道でもなかったので八方池などでもゆっくり休憩したらなんと下山は3時間。登りよりも時間かかってました。びっくり。


10:30リフト乗り場へ到着、同じリフトに乗って11:00駐車場へ。その後は八方の湯(¥800、リフト券が¥100引きチケットになってました)で清らかになって帰りました。



d0247927_11504919.jpg


ちなみに帰りの名神で事故が発生して3台バラバラに帰りました。おしまい。




文章:M野





[PR]
by toyonaka-rouzan | 2017-08-30 11:59 | 縦走・泊まり山行