大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

山行企画夏山 奥穂高岳・前穂高岳

行程
第1日 (9/6)  (9H45M)
上高地      7:00
明神       7:45~50
徳沢        8:40~45
横尾        9:45~10:05 
本谷橋      11:10~25
涸沢ヒュッテ   13:25~45
涸沢小屋前   14:00 通過 
穂高岳山荘   16:45   (泊)

第2日 (9/7)  (8H40M)      
穂高岳山荘    7:05
奥穂高岳      7:55~ 8:15
紀美子平     10:40~10:55
前穂高岳     11:30~12:10
紀美子平    12:40~13:00(昼)
岳沢小屋    15:45  (泊)

第3日  (9/8)   (1H55M)
岳沢小屋     6:20
上高地      8:15
上高地アルペンホテル(9:00~10:00)(入浴)
上高地バスターミナル 11:00~12:30)(食事他)
上高地発 路線バス 12:40   新島々着13:45
新島々発 松電   14:05   松本着 14:34
松本発 アルピコバス  15:00   梅田着 20:42

メンバー:浅居、佐々木(B班)、野坂(投稿)

d0247927_145844.jpg
一日目
一人夜行バスで上高地へ。冷え込んでいて息が白い。
6時オープンの上高地食堂でココアを飲みつつ穂高を眺める。贅沢なひとときだ。天気は快晴。お二人と7時に合流。






d0247927_161936.jpg
横尾までは平たんな道でハイキング気分。とにかく山々が綺麗。
本谷橋からは登りになるが快調に登る。




d0247927_1535964.jpg


涸沢ヒュッテのテラスで一休みし、時間に余裕があるため穂高岳山荘まで今日中に登ることにする。あと一頑張り!!






d0247927_1571339.jpg
ザイテングラードはなかなか登り応えがあったが、北穂、奥穂、前穂、常念が登るごとに見え方が変わり、楽しい。何とか17:00前に穂高岳山荘に着けた。







d0247927_15172516.jpg
二日目
夜に降った雨はあがったものの、ガスがなかなか消えない中7:00過ぎに出発。いきなり急な岩場や梯子。穂高の厳しさを味わいながら進む。白くて昨日のような展望はなかったが、怖さも半減。






d0247927_15473245.jpg
8時前に奥穂高岳に到着。











d0247927_15485213.jpg
吊り尾根では時々ガスが晴れ、チラリチラリとごつごつした稜線が見えはじめる。実はとんでもないところを歩いている。






d0247927_15322549.jpg
d0247927_15513725.jpg
d0247927_16263640.jpg
紀美子平から前穂山頂は手を使ってグイグイ高度を上げていく。前穂では少し展望があり、晴れ間を狙って写真を撮った。あ~もうちょっと見せて欲しい!

























d0247927_15352338.jpg
再び紀美子平に戻り、重太郎新道を下って岳沢小屋へ。随所に長い鎖場や梯子がある。結構急で太腿の筋肉が悲鳴をあげていた(泣)。










d0247927_15364723.jpg
三日目
岳沢小屋から上高地へは緩やかな下り。筋肉痛に耐えつつ何とか進んだ。途中、オコジョに出会う(写真中央)。なんて可愛いやつ!しかし、動きが早すぎて写真がブレブレ。残念だ。ゆっくり入浴し、お土産を買って大阪へ。初穂高、ベテランお二人に挟まれて安心して登ることができました。大変お世話になりました。
by toyonaka-rouzan | 2014-09-15 16:30 | 縦走・泊まり山行