人気ブログランキング |

大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

2014年初級登山学校 比良縦走

初級登山学校 実技「比良山系縦走登山」
                                         A班 有森 尚香

日時:2014年7月19日(1日目)
場所:比良山系
講師(B班):上村、太田、徳原(敬称略)           学校:野村、蔵本、徳下
修了生スタッフ:(B班)上岡、桐原、俣野
生徒:井上、巌、織田、原、福島、藤原、松岡、松木、松芳、有森
行程:大阪7:45発新快速敦賀行(京都乗換)
   比良駅9:00~北比良峠12:55~広谷14:10

曇。7:15大阪駅集合。蔵本さんから「7:45分の電車に乗ります」と言われていたにもかかわらず、女性4名(私も含む)で話に夢中になり,来た電車に乗り込もうとして慌てて蔵本さんが止めてくれた。準備体操後出発。湿原で、はじめてイモリが泳いでいるのと木にカエルのタマゴがぶら下がっているのを見た。
途中雷が鳴り始め、急ぎ広谷に向かいテント設営後雨が降り出す。
夕食作りはテントの中で、今日はメンズ2名がご馳走してくれるとの事だったのでワクワク。初ミャンマー料理(どうやらR君の彼女はミャンマー人らしい?)とデザートを作ってもらい、女性2人がすき焼きを作り夕食タイム。またまたいいタイミングで蔵本さんが冷えたビールを差し入れしてくれ、テントの中で大盛り上がり。夕食が終わる頃に丁度雨も上がり、全員で外に出て今日の山行を振り返る。蒸し暑くてきつかったけれども、とても楽しい1日でした。(ブヨにあちこち刺されるまでは) 

     ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

初級登山学校  実技 「比良縦走登山-2日目」
              B班 松岡夏紀
日 時 : 平成25年7月20日(日)

行  程 : 5:00 起床・食事・テント撤収    7:00 広谷出発     
7:30 八雲ケ原    奥の深谷源流部をたどり
       8:20 金糞峠        9:30 堂満岳
       12:30 イン谷口 (⇒13:30 比良トピア お風呂)

終了山行の2日目です。1日目に雷雨で武奈ヶ岳へ行けなかったので、3時に起床して武奈ヶ岳へ登り御来光を見る予定だったのですが、起床するとまたしても稲光りということで、5時までもう一度就寝。改めて5時に起床。前回の山行で朝ごはんに失敗してしまった私の班は、今回は失敗しないメニュー「ホットドック&野菜のコンソメスープ」でお腹を満たし、なんとか7時に出発の準備完了。

この日の天気は昨日に引き続き、「大気が不安定」とのこと。雷雨の恐れありのため、お昼には下山していることを目指して出発。目指すは、堂満岳経由、温泉(比良トピア)♪ちなみに初めて、休憩もペースもすべて生徒で行うことになりました。食材やお酒などが消えたザックは軽い!初めの1時間は涼しい奥の深谷源流、森の中を歩いているようで、とっても気持ちいい朝です。そんなすばらしい朝がずっと続くわけもなく、どんどん暑くなり、金糞峠から堂満岳へはかなり急登なところも多く、バテバテ、みんなだんまり…静かです。そんな中、分岐で縦走路へ入ってしまい分岐まで戻り、なぜ間違えたのかを確認し、正しいルートへ。やっとこさの堂満岳山頂は、残念ながらガスで眺望はなかったです。

ここから、地図の等高線の狭さに、朝からびびっていた下りの始まり。きびしい、きびしい。神経を張り巡らして、必死に急登なところをクリア。なのに、たった100~150メートルほどと聞いて「ガーン・・・」。その後の長い下山も迷い迷いみんなで頑張りきり、スタートしたバス停に到着!しかしなんとバスが3時間後…比良トピアまで50分歩き、温泉で二日分の汗と疲れを落として、わたしたちの終了山行は終わりました。B班のみなさん、校長、副校長、二日間ありがとうございました!

*********************************************

天気予報は雷雨の恐れもあり。登山口を坊村からイン谷に変更し、ダケ道を登ります。
d0247927_13143136.jpg


d0247927_13151570.jpg


北比良峠についてほっとしました。
d0247927_13165310.jpg


広谷へと向かいます。
d0247927_13175014.jpg


広谷の木橋を渡って
d0247927_13191370.jpg


広谷小屋の前でテントを設営。夕食の後の交流。
d0247927_1321266.jpg


翌早暁武奈ケ岳をピストンの予定が、雷雨が予想され中止。テントを撤収して全員で
d0247927_13225360.jpg


八雲ケ原の湿地で
d0247927_13252723.jpg


奥ノ深谷源流部の木橋を何度か越えます。
d0247927_13265797.jpg


ここには杉の大木があります。
d0247927_1329120.jpg


金糞峠への分岐
d0247927_13295841.jpg


金糞峠で堂満岳へのルートを地形図で確認します。
d0247927_13305985.jpg


いざ堂満岳へ。  あいにく今日は堂満岳の展望がよくありませんでした。
d0247927_13323377.jpg


堂満岳東稜を下り、もうすぐイン谷です。2日間の縦走が終わります。
d0247927_13372252.jpg

by toyonaka-rouzan | 2014-08-18 13:44 | 登山学校