人気ブログランキング |

大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

初級登山学校  実技 「テント泊・沢登り」

日 時 : 2013年7月27日(土)~28日(日)
場 所 : 比良・白滝谷
講 師 : 嵯峨山、橋本、神田、井上、木嶋、小前、平林、二宮、徳下、碓井、日高、
      秋山(敬称略)
スタッフ : 加藤、野村校長、田中副校長(敬称略)
生  徒 : 三木、村上、片岡、俣野、野田、髙木、宗重、上岡(敬称略)
行  程 : 大阪12:30(JR東海道本線新快速・近江塩津行)-12:59 京都駅 13:11-(JR湖西線・近江今津行)-13:35 堅田駅 13:56-(細川行バス(坊村まで運賃1000円))-14:42 坊村 ⇒ 15:00 テント設営・夕食・親睦会 ⇒ 21:00 就寝
7月28日(日)5:00 起床・朝食 ⇒ 6:50 サブザックで集合・体操 (1時間ほど歩き林道の終点から沢に入る) 8:00~12:00  白滝谷で沢登り(夫婦滝まで遡行) いったん山道に出て昼食 ⇒ 12:30~ 下山は登山道を利用⇒14:00 坊村テン場着(テント撤収他)⇒15:46 堅田駅行バスに乗車 ⇒ 16:30 堅田駅着 解散

「沢は身体が冷えるからね。お湯を持っていってね。」と事前に聞いていたので、出来る限りの準備をしました。過去3回の山行で辛い思いをした私は、この最後の実技は祈るような気持ちで参加しました。
日曜日の朝、前日の楽しかった大宴会のルンルン気分はすっかりどこかへ行ってしまい、朝食時から嫌な感じの緊張が襲ってくる・・・。準備体操後も気持ちが落ち着かず、テンションが低いまま林道を歩き終えて、沢に入りました。
沢登りの恐怖は、水の流れで足元が確認できない事。恐る恐る、岩に足を踏み出していると、「もっと沢タビを信じて歩いてみ。」と、嵯峨山さんからアドバイスを受ける。
少し緊張もほぐれたのか、木漏れ日の中を気持ちよく歩いている自分に気付く。水の中から見上げた時の景色は、本当に美しかったです。
初級の生徒が必ず写真を撮ってもらうという滝に着いた頃には、水の冷たさも心地よく、その後は自然のアトラクションを十分に満喫しました。
岩をつかむ手の力が弱まってきた頃、夫婦滝に到着。最後の〆は滝壺ダイビング。私は怖かったので、低い場所から飛び込みました。3時間程の沢登りでしたが、あっという間でした。
今回の目標は「無事に最後まで参加すること!」 ただこれだけでしたが、沢登りを思いっきり楽しむ事も出来ました!ひと味違う山の楽しみ方を教えて頂きました。夏場は、病みつきになりそうです。

【写真】
3パーティー、総勢23名での沢登りです。
d0247927_22143070.jpg


始まったばかりなので、恐る恐る進んでいきます。
d0247927_22143733.jpg


今日はこぼれ日がきれいです。
d0247927_22144565.jpg


小さな滝を越えて行きます。
d0247927_22145079.jpg


少し休憩。まだまだ、余裕。
d0247927_2215918.jpg


更に進んでいきます。
d0247927_22151911.jpg


滝の下で、ハイポーズ!
d0247927_2215254.jpg
d0247927_22153061.jpg
d0247927_22153537.jpg


少し危険な登りで、ロープを出しました。
d0247927_2215417.jpg


滝をいくつも直登して行きます。
d0247927_22154762.jpg
d0247927_22155245.jpg
d0247927_22155626.jpg
d0247927_2216184.jpg


ようやく、終点の夫婦滝に到着。
d0247927_2216635.jpg


恒例の滝つぼダイブ!!
d0247927_22161271.jpg
d0247927_22161883.jpg
d0247927_22162227.jpg


東屋前で集合写真
d0247927_22162861.jpg



天気も良く、気持ちの良い沢登りでした058.gif
by toyonaka-rouzan | 2013-07-28 22:10 | 登山学校