人気ブログランキング |

大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

初級登山学校  実技 「岩登り」

日 時 : 平成25年6月16日(日)
場 所 : 蓬莱峡
講 師 :橋本、井上、神田、朝日、舛井、木嶋、嵯峨山、二宮、小前、佐野、徳下、井之上、村田、平林、伊藤、野村、田中(敬称略)
スタッフ :加藤(敬称略)
生  徒 :吉岡、三木、村上、片岡、北尾、俣野、高木、宗重(敬称略)
行  程 : 5:30起床 8:00岩場へ移動 15:00テント撤収、バス停へ移動 16:00宝塚駅解散 

 今日は初級登山学校で楽しみにしている一つの岩登りの日だった。前日参加できなかった私は始発の電車に乗り込み何とか合流できた。今まで晴れ続きだったが、前日は大雨の中のボッカでかなり疲労したと聞いた。

着いたら早速ハーネスを装着し岩場へ向かい、岩場を見て驚愕した。「ほぼ直角なんですが!??」しかし、それと同時にわくわくした気分にもなった。まずは慣れるために緩斜面の岩場を登る。登りよりも降りるときが怖くへっぴり腰で、ロープにすがりたい思いだった。慣れない私は石をたくさん落としてしまい、焦りながら何とか降りた。

 それから班分けし、私はまず小屏風へ。こんなとこへどうやって登るのかと思ったが、自分で足をのせられそうな場所を探しながらするのは、ボルタリングにはない楽しさだったし、何より達成感が気持ちよかった。 後から聞いた話では、小屏風で格闘している最中にかなり大きく叫んでいたようで、向こう側で懸垂下降していたメンバーからどれだけ怖いとこなんだ、とびっくりさせていたようだった。でもそれくらい怖かったのだ。

次は大屏風。小屏風よりも高い高い岩場で見ているほうが怖かった。でも小屏風で鍛えられたのか、足場を探すのがさらに楽しかった。

 帰りに行った某中華料理屋さんは大きなザックがたくさん並び、どこかの山小屋のようだった。校長が嬉しそうにビールをつぐ様子がとても印象的で、これからの計画を考えたり、とても楽しくおいしいお酒を飲んだ。

 それにしても、今日終わった後の生徒のみんなの顔がなんだかきりっとしたような、一つ成長した顔つきになっていたように感じたのは私だけだろうか。こんな体験は講師やスタッフの方がいないと絶対にできないことで、とてもありがたく思った。今度の沢登りが本当に楽しみだ♪

【写真】
体操をして、これから岩場に向かいます。
心なしか少し緊張…
d0247927_23392210.jpg


朝一の大屏風。まだ誰も登っていません。
d0247927_23393040.jpg


C班の講師から説明を受けます。
d0247927_2339356.jpg


緩斜面での登下降。
余裕のポーズ
d0247927_23394061.jpg

d0247927_2339481.jpg

d0247927_23395444.jpg
d0247927_23395991.jpg


続いて、小屏風を登ります。
d0247927_2340434.jpg
d0247927_2340869.jpg


その次は大屏風でのクライミングです。
d0247927_23401984.jpg


少し手こずっています。
d0247927_23402410.jpg


こちらも大屏風。
d0247927_23402819.jpg


小屏風では2人が登っていました。
d0247927_23403333.jpg


最後に懸垂下降の練習。
d0247927_23403813.jpg


お決まりの集合写真を撮って、終了です。
d0247927_23404475.jpg



暑い中、皆さんお疲れ様でした。
珉珉でのビールが美味かったのは、言うまでもありません068.gif
by toyonaka-rouzan | 2013-07-08 06:15 | 登山学校