人気ブログランキング |

大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

常念岳

日時:2013/4/27~2013/4/29
場所:恵那・笠置山、常念岳

府連初級冬山のメンバーで4名で笠置ボルダーと北アルプス常念岳へお散歩。

予報では29日まで晴天。

27日は移動日、兼ちょいボルダーを楽しむため岐阜笠置ボルダーへ向かう。
どうやらここは小山田大が開発したボルダーらしく、入山口近辺に小山田氏の看板が。

近くの民家(材木工場??)でクラッシュパッドを借りること(1000円)ができ、笠置ボルダのトポ図も売っていた(ちゃんとした本で3000円!!高いので購入はせず)

入山口から車で20分整えられた道路を登り駐車場、全員で課題を2本登ったところで霰が。。。
恐れをなして即下山。
わずか1時間ほどのボルダー。

写真は撮る暇なく一枚も撮れず。

須砂渡キャンプ場にて1泊、結構広いキャンプ場にも関わらず閑散として他のお客さんは4組ほど

28日朝、起床、大変良い天気、快晴。

キャンプ場より車で20分くらい、一の沢登山口近辺に車を停める。
登山口には雪はほとんどない。

春山装備ということで、ロープ、プローブ、ビーコン、ショベル、ハーネス、ガチャ類、、、
いろいろ持ってきたが結局、不要であろうと判断でザックのかさが半分に減る。

いよいよ出発
右からKばっちゃん、ひ~さん、N田さん、私
d0247927_045179.jpg


緩やかな雪のない登山道を歩き、雪を眺めながらのんびりする。


デブリ
d0247927_052391.jpg


N田さんと私
d0247927_053380.jpg


歩くにつれ徐々に雪も登山道に現れてくる、2時間ほど歩くと広い沢が現れ緩斜面に積雪。
d0247927_026331.jpg


緩斜面を歩くKばっちゃん
d0247927_055223.jpg


緩斜面の遥か先の棚を目指して登る、もう到着?と思いきや
まだまだ、その先には急斜面も見える
緩斜面をゆっくり登るこのあたりで2000mくらい
d0247927_06334.jpg


急斜面を上から、かなり高度感がある。
d0247927_012478.jpg


最後の緩斜面
d0247927_017563.jpg


沢の急登が始まってから3時間、、、
常念小屋
d0247927_0184894.jpg


風対策をする他登山者のテント。トイレは凍り付いて?使えなかった。。。
d0247927_0203355.jpg


1時間半ほど雪交じりのガレ場を小屋から常念へ登る

槍ヶ岳
d0247927_0273080.jpg


穂高連峰とそのカール
d0247927_028617.jpg


青空の頂上でみなさんと
全員終始グラサン
d0247927_0283867.jpg


50分ほどで下山し、
私は体調不良と高山病?でテントでダウン

29日朝、やはり快晴。天気予報は当たる
朝焼け、これは明日から荒れる傾向だ。
d0247927_029640.jpg


下山は急降下、予定より早く下山してしまいそうなので、途中の緩い棚で
コーヒータイム

徐々に雪が少なくなり、どろどろルートを下山し、登山口へ到着
下山で歩いた時間は2時間半。晴天に恵まれると散歩気分なのである。

帰りは安曇野でN田さんおすすめの「ふか尾」にて牛を食らったのでした。
d0247927_0293247.jpg

200gで2300円(やったはず。。。)うまかったです。

時間割は以下

4/27
7:00 :大阪発
11:40:笠置山着(見晴台2ルート)
12:30:あられにより撤退
17:00:須砂渡キャンプ場着

4/28
5:00 :起床、朝食、移動
7:30 :一の沢登山口着
7:50 :出発
9:00 :大滝
12:30:常念小屋
13:30:出発
14:50:常念頂上
15:05:下山
16:00:小屋着

4/29
4:30 :起床
6:40 :小屋発
7:10 :コーヒータイム
7:35 :出発
8:35 :大滝
9:30 :一の沢登山口着

徳下
by toyonaka-rouzan | 2013-05-20 00:37 | 縦走・泊まり山行