大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

初級登山学校「修了山行 八ヶ岳」

日時:10/6(土)10/7(日)10/8(月)
場所: 10/6(大阪→茅野)(茅野→美濃戸口)(美濃戸口→やまのこ村)
    10/7やまのこ村→行者小屋→地蔵尾根→横岳→硫黄岳→行者小屋
    10/8行者小屋→美濃戸口→茅野→大阪
コーチ:田中(良)、二宮
生徒:北川、合田、長谷川、加藤、田中(久)、北村、村瀬、西山、木村

はじまりはいつも雨?                                  
「はじまりはいつも雨~」という某歌のサビが聞こえてくる。朝起きるとシトシトと雨が降っていた。「ああ、今日もやっぱり雨なんだ。」諦めと僕達は雨が似合うよね?という気持ちが入り混じりながら寝ぼけまなこを擦る。前日に大阪からやまのこ村に入り、テントを張っていたのだ。何故だか登山学校で行く山行は雨のイメージが強い。沢行、武奈ヶ岳のテント泊しかり。そういえば、武奈ヶ岳の報告も雨だった。。。
 テントを撤収して、夜と明け方に降っていた雨は止み、登山学校のメンバーは八ヶ岳の森に入っていく。川沿いの道を進んでいくと、八ヶ岳の森は緑の絨毯が広がる苔の世界を私達に見せてくれた。北八ヶ岳が苔が豊富な森で有名だが、南八ヶ岳もそれに劣らず苔が一面に広がっている。北アルプスなどの岩場と樹林帯が混ざったような景色とはまた違った顔を見せ、植生豊かな森は足を踏み入れた生徒たちを迎えてくれている。
 2時間ほど南沢ルートを歩き、行者小屋に着く。行者小屋では多くの登山客がすでに到着していて、テント場もにぎわっていた。空いている場所にテントを張り、ディパックに必要な荷物を持ち赤岳へと向かう地蔵尾根へと向かう。
 天気もだんだんと晴れてきて、地蔵尾根の中ほどから後ろを振り返ると山合いの木々が赤、黄と紅葉されていて、緑の木々と晴れてきた青空との色模様がとても綺麗だ。地蔵尾根を登り切り、稜線に出たところでお昼ごはんとなった。この時点でコースタイムから1時間ほどの遅れとなり、横岳~硫黄岳へと向かうルートから行者小屋に帰るころは、暗くなるかもしれなかった。 稜線上を北に進んでいくと岩場と鎖場の連続で生徒達はひと苦労。また、秋の3連休で人で混雑し、狭い箇所を歩く際は時間が掛かってしまう。 生徒達は大同心、小同心を横に見つつ、慎重に岩場を抜けていく。
 荒涼とした風景の硫黄岳を抜け、赤岳鉱泉への続く下りの道に入っていった。歩くのに慣れてきてどんどんと歩くペースがよくなり、17時30分に行者小屋に着くことができた。
 今日の晩ごはんは村瀬さん特製クラムチャウダーと、とっておきのお汁粉。生徒と校長、二宮さん達はごはんの鍋を囲みながら、今日の山行を語り合う。約10時間の行程を無事にみんな歩ききり、ほっとした顔。空を見上げると、一面の星々。

冒頭の歌が、少しフレーズを変えて頭の中で鳴り響く。
  はじまりはいつも雨。
  鍋をかこみ、星を見上げ、
  仲間とともに。                     


【修了山行写真】
《10月6日》
タクシーで美濃戸口に到着。ひんやりとしています。
d0247927_9533613.jpg


意外と車の通りの多い林道を進みます。            
d0247927_9534395.jpg


ようやく今日のテント場、「やまのこ村」に到着。
d0247927_9534924.jpg


秋の日暮れは早い。
ヘッドランプをつけてテント設営。
d0247927_9535828.jpg


夕食は、鶏肉・豚肉入りのお鍋です。
d0247927_954727.jpg


《10月7日》
朝食後、体操をして出発。
d0247927_9541223.jpg


少し歩いて、美濃戸山荘に到着。
d0247927_9542253.jpg

まだまだ余裕のメンバー。
d0247927_9541896.jpg


ここから南沢に入って、行者小屋を目指します。
d0247927_9542851.jpg
d0247927_9543494.jpg


急登に取り掛かります。
d0247927_954393.jpg

少し、疲れ気味?
d0247927_9544341.jpg
d0247927_9544921.jpg
d0247927_9545819.jpg


広い枯れ沢に出ます。
八ヶ岳主稜線はガスの中(-_-;)
d0247927_955358.jpg


行者小屋に到着。人がいっぱいです。
d0247927_955796.jpg


テントを設営して、出発の準備をします。
大同心が見えてきました。
d0247927_9551224.jpg


地蔵尾根は満員御礼!
d0247927_9551734.jpg


荷物が軽くなって、元気が出てきました。
d0247927_9552160.jpg


急な階段を登っていきます。
d0247927_9552592.jpg


ガスが晴れて、阿弥陀岳が見えてきます。
d0247927_9553082.jpg


下の方には行者小屋が。
d0247927_955353.jpg


右手には赤岳鉱泉も見えます。
d0247927_9553973.jpg


少し休憩
d0247927_9554387.jpg


阿弥陀岳をバックに。
d0247927_9554865.jpg


岩場を慎重に登ります。
d0247927_9555267.jpg
d0247927_9555991.jpg


主稜線までもう少し!
d0247927_95618100.jpg


赤岳と赤岳展望荘が見えてきました。
d0247927_9562220.jpg


地蔵の頭で昼食にします。
温かいラーメンが美味しい。
d0247927_9562825.jpg


ガスの向こうに横岳が見えます。
d0247927_956332.jpg


稜線の縦走路
d0247927_9563812.jpg


急なガレ場を登ります。
d0247927_9564275.jpg

d0247927_9564645.jpg
d0247927_9565192.jpg


ガスが晴れると、高山らしい景色を楽しめます。
d0247927_9565548.jpg


岩場の下り。少し腰が引けてる?
d0247927_9565829.jpg

d0247927_957370.jpg
d0247927_957746.jpg


横岳で集合写真。
撮ってくれた山形県のおじさん、ありがとう。
d0247927_9571140.jpg


硫黄岳山荘が見えてきました。
d0247927_9571612.jpg


順調に下っていきます。
d0247927_9572474.jpg


硫黄岳山荘に到着。中に入ると暖かくて癒されます。
d0247927_9572959.jpg


硫黄岳で集合写真。
d0247927_9573360.jpg


ガスの合間から紅葉が見れます。
d0247927_9573736.jpg


長い下りを終え、赤岳鉱泉に到着。
d0247927_9574636.jpg


更に峠を越え、行者小屋に到着。
日が暮れるまでに戻れて良かった^_^;
d0247927_95750100.jpg


夕食はクラムチャウダー。
美味しくて、暖まりました。
d0247927_9575528.jpg


《10月8日》
夜明け間近の行者小屋。
d0247927_958025.jpg


気温は0℃。テントのフライが凍っています。
d0247927_958419.jpg


今日は、村瀬さんの??回目の誕生日。
ケーキでお祝いします。
d0247927_958846.jpg


朝食のトマト雑炊も美味しかった。
d0247927_9581236.jpg


体操をして、下山開始。
d0247927_958161.jpg


横岳をバックに集合写真。
d0247927_9582023.jpg


天気が良く、緑がきれいです。
d0247927_9583110.jpg
d0247927_9583763.jpg
d0247927_9584279.jpg


紅葉も良い感じ。
d0247927_9584668.jpg


急な下り。
d0247927_9585396.jpg
d0247927_9585843.jpg


美濃戸山荘前で集合写真。
阿弥陀のポーズ?
d0247927_959213.jpg


やまのこ村にて。
d0247927_9591570.jpg


茅野駅近くの蕎麦屋で打ち上げをしました。
d0247927_9592292.jpg

by toyonaka-rouzan | 2012-10-25 09:49 | 登山学校