大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

A班集中登山 妙見山

d0247927_21521362.jpg

実施日:2016年10月30日(日) 11:30に山頂広場着予定
ルート:上杉尾根コース 9:20妙見口駅発  21名参加
    大堂越コース 9:30妙見口駅発   6名参加
    初谷川コース  8:30妙見口駅発  11名参加
    ケーブルコース 9:30妙見口駅発  6名参加
    山頂で               1名参加
これだけの大人数で集合場所にほぼ予定時間に到着しました

初谷川コースは、渡渉があり面白いコースです
d0247927_10355459.jpg


昼食後レスキュー講習をしました。ツエルトの張方を実演し体験しました
d0247927_21185993.jpg


ロープを利用して、フリクションノット(プルージック)でテントを固定します
d0247927_21202847.jpg

d0247927_2124914.jpg


手前のツエルトはかなり時代物でテントくらいの丈夫さです。こちらはストックを使って
設営します。こちらは少し設営に時間がかかります。
d0247927_2124289.jpg


設営したツエルトに入ってみます。風を防ぎ暖かいです
d0247927_21245418.jpg


ねんざの現場対応です。バンダナを利用した固定法とテーピングによる固定法です。
バンダナを利用した固定法は靴底がはがれたときも応用できます
d0247927_10372237.jpg


テーピングは、収縮のないホワイトテープ(w=38mm)を使用します。ねんざをすると腫れるきますので甲部分はテーピングしないで開放しておます。
d0247927_10393463.jpg


45名の参加者です。
d0247927_21253751.jpg


下りは上杉尾根コースで2班分け下山しました
d0247927_104915100.jpg

[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2016-10-30 21:53 | 日帰り山行
2016.10.30.  投稿者 B班 カ

ということで、第3回フェアリートレイル
ロングコース40㎞にエントリー
きゃのんから一週間!

体育館の中
司会進行の方?と鏑木さんのやり取りがスピーカーからながれています
「前回大会と関門時間が変更になっていますから要注意です」
「第1関門は11:30で5時間 これは普段トレランをしている方たちには大丈夫だと思います」
「第2関門は14:30となっていますが、完走を目指すのであれば、14:00までには通過しなければ厳しいでしょうね」
d0247927_12351747.jpg

なるほど… せっかく出るんだから 第1関門でアウトは辛い
とにかく 目一杯いこう


06:30
スタート! ドローンが飛んで もり上がります!
d0247927_12354423.jpg

第1エイド過ぎてすぐ Mistake!
降りてきたゲレンデを再度登っています
下から見たらたぶん100人くらいか?
ついて行きます~、自分の判断なく~

と、ゲレンデ半分くらいで上から
「マークありますか~? 違います~!」
ロスト判明!

ついて行くかな~、自分の判断なしで~
山岳会なのに~ 反省!

******************
この件、ゴールのインタビューで
鏑木さんに やんわりと 
伝えている方いました

鏑木さん
「ま、それも実力です」
と バッサリ! お見事です
******************

第1関門
10:40だったと思います
その後 ロードを1キロちょっとですぐ白倉岳への登り
このロードが効きます… もう足が終わってます…

第2関門
13:30だったと思います
あと7キロの声援に勇気付けられます
が… 下り基調じゃないの?
まだ何回も登るのね…こたえる…


■結論 ロングコース40㎞ 完走 8時間22分
 制限時間9時間30なので、ほぼ最下方のランナーかと…
d0247927_12361237.jpg


≪良かった事≫
・駐車場の案内、ゴール後のバス配車など運営すばらしいです
・地元の方の声援、とっても年配のお婆ちゃん 元気もらいました
・鏑木さんプロデュースの大会を なんとか 完走できた 涙!

≪気がついたこと≫
・全体に六甲全山縦走のような段差の大きな岩場はなく
急傾斜であっても駆け降りることができ、
ガンガン走れるコースなのだと思います
[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2016-10-30 19:33 | 日帰り山行
第15回六甲縦走キャノンボールラン

2016.10.22.   投稿者 B班 カ

という事で 7ヶ月ぶりの祭り!
キャノンです。


初めてのPOWERでエントリー
21:00
塩平寺の下の広場 出発!
今日の私に復路はないので いくぜ!
d0247927_17171260.jpg


往路の目標は8時間台
なんとかしたいが、前半頑張ると
当たり前に後半が辛い 
d0247927_17173151.jpg


前半さぼると 後半では挽回できない
ん~ こういうのを矛盾というのでしょうか?
単に練習が足りていない とも…いうのでしょうね~

05:57
とりあえず 須磨浦公園 とうちゃ~く
d0247927_17175088.jpg


■結論 POWERの部 往路8時間57分 そのままリタイア

≪良かった事≫
・日曜日が仕事だったのでNSPにエントリー予定が北岳で遊んでいたら売切れ、なんとかPOWERにエントリーできた
・夜の山 楽しすぎる~ イイ!
・エイドの皆様には本当に感謝です すばらしいです!
・エントリーしているみなさん 本当に楽しそうで 私もその雰囲気が大好きです 21:00前に合唱する「夏の終わりのハーモニー」は最高ですね! なぜ?なのかはわかりませんが

≪改善点≫
・全山縦走した後にそのまま仕事してはいけません つらいです!
・相変わらずオレ全般 これ以上はいけません 走る練習以外にない!
 それは分かっているのですが…
・翌日が仕事でなかったら、果たして折り返す体力はあったのか?(反語です)

<おまけ>
・TEAMで参加されたKさん 復路でリタイア しかしお見事です!
・SPEEDで参加されたMさん 完走 パチパチパチ!
 お見送りもなかなか良いですネ!
d0247927_1718433.jpg

[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2016-10-23 22:16 | 日帰り山行

涸沢と蝶ヶ岳

2016.9.24-25.  投稿者 B班 カ

9/17-19に予定していた
2016年度 初級登山学校 修了山行は
荒天が予想されるため中止となりました

そこで 代わりではないのですが生徒の方2人と
行きたいところへ行こう! です

という事で コレが条件!

・一泊二日
・とにかく行きたい

という事で 涸沢! 
ぜったい行きたい!私たち3人とも初だ! 決定!
涸沢だけじゃね~ でも目の前に広がるであろう
「○穂」は会からOKがでないだろうな~
行くの明後日だし…

じゃあ 蝶で! 

1日目
マイカーにて出発
09:30 上高地
フル装備で出発!

12:30 横尾 
d0247927_16561170.jpg


15:22 涸沢ヒュッテ で6時間行動
d0247927_16564779.jpg


涸沢はガス強め北も奥も前も晴れていれば見えるのかな?
テン場からトイレが遠くて登り&フラットなところが余ってない
イメージ先行でちょっとビックリ
d0247927_16583393.jpg

d0247927_16584999.jpg

d0247927_16591998.jpg

酔っ払い多数!
自分のテント探しができない方も多数!
大きな声で自分のテント探してる…
テントをヘッドライトで照らさないで…
テントって光はほぼ透過なのですよ…
私就寝中ですよ…そしてもう23時前ですよ

そして03:00に起床なのです…
d0247927_16594650.jpg

d0247927_1701475.jpg



2日目
涸沢ヒュッテ05:30 
朝食後 OPENしたての売店でお買い物中です
d0247927_17151832.jpg

d0247927_171340.jpg

d0247927_173015.jpg

d0247927_1714463.jpg


横尾07:18 
槍見台を経て蝶ヶ岳山頂11:20 
フル装備で蝶の登りがなかなかにやりがいあります
d0247927_1724376.jpg

d0247927_1722167.jpg


蝶ヶ岳山頂、穂高は雲の傘
槍が時々顔をだし表銀座スカイライン?はすっきりくっきり
頑張った私たちを迎えてくれました
d0247927_174435.jpg



長堀尾根から徳沢14:28 
上高地16:12 で10時間40分行動

なによりも2人のテント泊装備を背負っての
頑張りに支えられて無事下山することができました

徳沢にて ヒヨコを山行に連れてくるのは いかがなものか!
と論議中 (ウソです)
d0247927_177676.jpg

d0247927_17154058.jpg

[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2016-09-25 23:53 | 縦走・泊まり山行

温泉と苔と北八ヶ岳

記 C班 細井

日時 2016年9月17日(土)~18(日)

場所 北八ヶ岳・本沢温泉

 聴覚障害のある友人2人とどこかに行こうということで選んだ北八ヶ岳。
 私の目的はもっぱら、日本最高峰のところに野店風呂があるという本沢温泉。ここに行って
お風呂に入ること。

 台風が近づくなかではあったものの、自身の「山では晴れ女」伝説を信じて予定どおり実施。

 金曜晩に麦草峠に車ではいり仮眠後7時に出発。
 
 丸山からそこそこ大きな石がゴロゴロと転がっていて、ちょっとイメージが違うなぁと思いながら歩く。
 丸山から中山へ行く道がだらだらとした道で地味にしんどい。
 中山の展望台につくと、空気が澄んでいるせいか、北アルプスまではっきり見える。

d0247927_211181.jpg


 中山峠を過ぎてからはガレ場の悪い急坂が続くみたい。「ラク!」の声が届かないし、しんどいので、一歩一歩慎重にゆっくりと歩く。

 12時15分、思いのほかあっさりと東天狗岳到着。
 ここからガスがかかって風も出てきたので、30分の昼休憩のあと、さっさと下ることにする。
 樹林帯をくだってくだって14時20分に本沢温泉到着。

 ここまで頑張って担いできたテントだが、「雨が降るなら小屋に泊まりたい」という友人の一言を考慮し、小屋泊決定。ちなみに小屋泊だと、なんどでもお風呂に入れるけれど、テント泊なら1回しか入れないとか。そんなこと、HPには載っていない。
 
 男性友人は先に露天風呂へ。男の人はどこでも素っ裸になれていいなぁ!
 女性友人と私は食後に内風呂に入ることに。
 内風呂は狭いけれど、源泉かけ流しで、とってもあったまる。やっぱりお風呂に浸かると疲れが取れる!

 翌朝は悪天候必至。下山コースをどうするか何度も逡巡する。
 と突然男性友人が、「朝イチで露天風呂での証拠写真撮ったら?」と提案してくる。
 ナイスアイデア!

 ということでこの一枚。ご満悦の写真。
 
d0247927_2132541.jpg


 帰路は風の強い稜線をさけ、本沢温泉からミドリ池方面への道を通って中山峠へダイレクトイン。ニュウに行きたかったが、雨が激しく打ち付けるようになってきたので、小屋のある方面へ行くほうが安全と、とりあえず高見石小屋へ向かい、ここで昼休憩。途中の道々はすでに小川と化して、沢歩きをしている錯覚にとらわれるほど。体もずんずん冷えてきて少々やばい。
 小屋の人に麦草峠へ行くのに白駒池経由と丸山経由のどちらがよいか尋ねると、早く行くか、楽に行くかの選択だという。急登は20分足らずなので、来た道戻るのが最善と丸山経由にするが、まぁ道のひどいこと。道全面が浸水5cm以上あり、歩くところがない。。悪いと思いつつ森林に足を踏み入れ、とにかく前進あるのみ。時々雨がやみ、そのときだけはコケがみずみずしく光って、北八ヶ岳の魅力を堪能することもできた。
d0247927_21211532.jpg

 
 下山後、信州牛のステーキが美味しいと評判の「レストラン ピーター」へ行って、肉を心行くまで味わった。

 温泉に苔に御馳走までついて、贅沢な山行であった。
[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2016-09-19 21:21 | 縦走・泊まり山行