大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

塩見岳


7/15-17の三連休に女子4人で塩見岳に行ってきました!
メンバー:CL O、SL M、食担 H、会計 K

d0247927_17473968.jpg

7/14(金)22:00大阪駅周辺集合、車で塩見岳の登山口である鳥倉林道のゲート前駐車場へ3:30着。第1駐車場は満杯気味。ギリギリ停められましたが、下山してきたら第2駐車場は満杯で路駐がかなり多かったです。

d0247927_17484106.jpg

7/15(土)仮眠ののち8:00スタート。鳥倉林道ゲートにはトイレ、バス停もありました。以降登山口まではコースタイム50分の林道歩きで早くも汗だくです。この調子で3日間やっていけるのか?!

d0247927_17492357.jpg

8:55登山口、12:15三伏峠着。三伏峠小屋にて幕営です。
三伏峠までは各所に「鳥倉登山口から三伏峠まで ◯/10」という表示があります。1/10、2/10がなぜか長いと感じたのは私だけでしょうか。峠までずっと樹林帯の九十九折で1200mアップ。

d0247927_17501633.jpg

テン場もすでに満杯気味、小屋の方にここなら...と言われた場所になんとか張ることができましたが、それ以降続々と人が増え続け、変なところにまでテントが...。

d0247927_17504156.jpg

ここまでは天気がよく日差しも痛いくらいで、烏帽子岳(往復2時間弱)へピストンする案も出ましたがそうこうするうちにあっという間にガスが上がってきてあたり真っ白になってしまったので潔く宴会に切り替え。なんと実はわたくし先日誕生日だったのですがお祝いをしていただきました!嬉しいー!!!嬉しくってビールもするする進みます。

d0247927_11400959.jpg
d0247927_17512970.jpg

昼寝も挟んで、となりのテントのあつた労山の方々と労山どうしで宴会2回戦、美味しくいただきました。

7/16(日)昼から天気が崩れるという予報のため、3:00起床、ピストン装備でテントを残して4:15出発。朝ご飯は個人食にしたのでとってもスピーディ!

d0247927_17535403.jpg

5:15本谷山、綺麗な林からチラチラと行き先の塩見岳が見えます。ちょっと遠くないっすか...(と思っておられるのではなかろうか)

d0247927_17541802.jpg

7:00塩見小屋。幕営はできないと聞いていましたがお手洗いも携帯トイレ。こんな大変なところで小屋を運営されていることに頭が下がります。

d0247927_17551055.jpg

山頂に近づくとガレガレの岩場が出てきます。やはり混んでいるのですれ違いが大変、仲間の一人に先行者が落とした大きめの石が当たりそうになりヒヤヒヤ。落とした先行者はどうやら気づいてないようで、「落石注意」という看板がそこかしこにありましたが「自分に降る落石に注意」だけでなく「自分が発生させる落石にも注意」であって欲しいというメンバーに、まさにそのとおりと思います。
その他岩場でも超特急で駆け抜け抜かしていく人達にもヒヤヒヤ。余裕をもった行動をしたいです。

d0247927_18010236.jpg

d0247927_17553670.jpg

d0247927_17583308.jpg

8:00塩見岳西峰、8:10東峰。ピークにたどり着くと今まで見えなかった富士山が正面雲海からどーんと!ステキです!

d0247927_17570142.jpg

d0247927_17572455.jpg

テンション爆発の4人。

d0247927_17555912.jpg

山頂からは北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳に続く稜線がはっきり見えます。めっちゃ遠いではないですか...と思いつついつかまた行きたいところです。ゆっくり富士山を堪能して8:40発。

d0247927_17580700.jpg

9:40塩見小屋、11:20本谷山、12:30三伏峠小屋着。

予定より早く戻ってきたので心置きなく宴会!今日の検討をたたえてやっぱりビールがするする進みます。朝早くから行動したのでみんなでお昼寝、起きてから今日も宴会2回戦です。今回も美味しくいただきました。楽しい...

d0247927_18024501.jpg

d0247927_18053270.jpg

7/17(月)今日は下山だけなので初日に行けなかった烏帽子に行こうかと言う話になっていましたが生憎の雨。3:00に一旦起床するも二度寝して5:00起床。起きた頃には雨はやんでいてもガスガスでした。今日も個食なのでテント撤収までやっぱりスピーディ!
6:30出発、8:30登山口着。前日の雨でハシゴがツルツル。

d0247927_18090750.jpg

9:10に登山口からゲートまでのバスがありましたがやっぱり車に帰るまでが山登りだよね!ということで林道歩き、9:00林道ゲート着。

車で15分くらいの「鹿塩温泉 山塩館」というところが10:00から日帰り入浴をしているとのことで温泉へ直行!美しくなった姿でIC近くの定食屋さんで全員みそかつ定食を食べて帰りました。このあたりのみそかつの味噌は白くて甘め、大変美味しかったです。

d0247927_18065378.jpg

三連休かつ北アルプスは大荒れ予報ということで、南アルプスを選択した方が多いようで、かなり!登山者が多かったです。3日間行動中は雨知らずで大正解の山行でした!

文章:M

[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2017-07-17 12:02 | 縦走・泊まり山行
2017.7.15.  投稿者 B班 カ

昨年5月以来の 槍ヶ岳
昨年はツアースキー装備で出動!
が、メイストームで飛騨乗越で敗退…

ザックにつけた板が幌のように…
飛んじゃう!
このときもそういえばワンデイだったな

初めての飛騨乗越だし
GPSはガーミン64SJで完璧と思ったが
本当のホワイトアウトで恐怖が心を支配…


今年は意地でも飛騨乗越経由で槍をと考えていたが
結局7月になってしまった

仮眠 
04:00新穂高温泉駐車場 出発


d0247927_16065416.jpg

念願の飛騨乗越
昨年のログを現在地と重ねると、ほぼここまで来ている!
絶句…
槍ヶ岳山荘…
そこやん…

でも、ちょっと間違えたら槍沢方面に落ちるな…
止めといてよかった
雪が積もったらまた来るぜ

ここは吹き溜まりで雪がたっぷり
積もって台地のようになっていたな~

で、10:00少し前 槍ヶ岳山荘 着~
で、ピーク往復
で、10:45 ラーメン

で、ひよこ

d0247927_16110493.jpg

槍ヶ岳山荘泊で双六経由で下山予定でしたが
今から一人酒盛りはサイフにやさしくない…な
お~りよ

という事で11:00下山開始!
たくさんの荷物で 足が痛い
17キロ弱になってしまったザックが重くて
駐車場着は15:30を過ぎていた…

17キロの一因
フロントベイルは換装したが
G12は重い
これ用に3シーズンブーツも担いだ


d0247927_16145425.jpg

BDウィペット
あなた重いね

されど
頼もしい
相棒ですよ!

d0247927_16162657.jpg

けっこう疲れました









[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2017-07-15 23:48 | 日帰り山行
2017.5.13.  投稿者 B班 カ

Mt.Hiei International Trailrun
関西のトレランのお祭り
との事なので 50㎞男子の部エントリー

このために 自分なりに
頑張ってきました!
が…

■結論 敗退!

20キロ地点の第二エイドでDNF
ここには第二スタートで関門30分前だった

行けなかったのではありません
行かなかった…
今でも後悔しています

19:00の関門には絶対に間に合わなかった
が…それで良かったのに
いろいろと考えてしまった


挑め己の限界に
Push your self to the limit

今年の書初はコレだったのに…

エイドでそば食べて
御山のお風呂に入るとは
心が折れちゃいました
それが後悔の原因ですね



スタート


d0247927_16421964.jpg

田んぼの中を走ってる感じ
下りの渋滞が… いいわけ…


d0247927_16423765.jpg

ドロドロ 楽しかったですよ 意外に


d0247927_16425699.jpg


美味しかったですよ 泣

劔より
ずっとつらいぜ
比叡山

来年行くぜと
軽口たたけず

不確定要素は
もちろん小窓
なんやねん

[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2017-05-13 23:29 | 日帰り山行

小窓尾根より剱岳

2017.5.3-6.  投稿者 B班 カ

C班の大先輩よりお誘い
「GWの後半 ちょっと行こか~」
「普段 岩 やってない人は 誘ったらダメなとこじゃないからね~」

剱岳 ですよね!
大好きですから!
ご一緒します!

小窓尾根? 
知らないです~
ネットで下見はできました
馬場島の駐車場にてテント泊 ヤマテンチェック

1日目
リーダーが馬場島警備派出所の山岳警備隊の皆さんから
情報を…さあ行こう


d0247927_14295808.jpg

快晴
白萩川遡行から小窓尾根とりつきへ
スノーブリッジ良好で渡渉ゼロ


d0247927_14322910.jpg

登りますね~
こういうの大好きですが
見上げる陽に照らされた雪壁が怖いです


d0247927_14424057.jpg

キャノン魂~!
で登ります
暑い! 行動水の消費がすごいので
要所で雪をかじります


d0247927_14441345.jpg

ニードル手前 2121ピーク到着
予定地点 テント泊


d0247927_14461528.jpg

ゆっくりしていると ドンドン 快晴!
バンバン ヘリが来ては飛んでいく???
と思ったら 明日取り付くニードル下の雪壁から滑落か?
隊員が降下していきピックアップしていく

快晴無風とはいえ ホバリングの精度が凄い!
2回降下したように見えた

かぶりつきで 見ている4人さん
男子2と女子2のパーティーなのですが
翌日から行程が全く同じになるのです…
その体力が凄い! お見事です!

ヤマテンチェック

 
d0247927_14535397.jpg



2日目
快晴

ダブルアックスで雪壁を登る 早朝はしまっていて恐怖感はない
陽が昇るにつれて 気温は上昇 日照がすごい
雪はグサグサで 雪庇の通過は恐怖感抜群

池ノ谷を下る登山者や 西仙人谷を行く山スキーヤーがはっきり見えますし
声も鮮明!

谷に響く雪崩の轟音と リアルタイム映像の雪崩
私たちが 乗っている雪と 雪崩ていく雪
違うようには見えないが…
やはり違うのだろうか…


d0247927_15202106.jpg

「ピークの右肩を抜けると縦走路だからね~」
ウソつき!(感覚的には本当です)


d0247927_15463923.jpg

ガスがでてきた
なだらかに見えますが
けっこう登っています


d0247927_15472941.jpg

三ノ窓へむけて降ります


d0247927_15481464.jpg


C班の大先輩 お二人
富山湾 能登半島が一望
すごいところにきた ヤマテンチェック

(後日談) 
三ノ窓 って めちゃくちゃ有名 
じゃないですか~ 


3日目
早朝 各パーティーと情報交換
池ノ谷をくだって小窓尾根に登り返すパーティーもあり

私たちは
池ノ谷ガリーを登る
こういう感じは大好きです!…が

雪がしまっておらず 若干ラッセル気味 泣




d0247927_16055077.jpg


池ノ谷乗越 着
手前が池ノ谷 奥が長次郎谷

昨夜の打ち合わせで風雨の予報のため 剱岳本峰から早月尾根下山はキャンセル
長次郎谷を降ります


d0247927_16092753.jpg



行くぜ! すごいデブリだ 

リーダーの前を行くのは男子2と女子2のパーティー
その速いこと 速いこと

見上げると 大きな雪庇は大半が落ちている
一昨日 昨日で 落ち切ったと信じて行く


d0247927_16214851.jpg


剣沢との出会いで雨 その後 土砂降りの風雨に

ただただ ひたすらに 歩く 時折 突風に耐風姿勢 

剣山荘がはっきり見える 剣沢小屋は屋根しか見えない
剱御前小舎で大休止 結局ずっと雨の中 室堂着
タクシーで馬場島へ


d0247927_16364604.jpg


室堂にてteatime
apple pie と hot coffee が美味しい


[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2017-05-07 13:51 | クライミング・雪山

西穂独標(手前)

2017.4.22-23   投稿者 B班 カ

2016年度初級登山学校の卒業生と共に
独標(手前)です

d0247927_15360384.jpg

一日目 3人ともに豊中の雪山教室卒業生ですが、カ は雪山教室ほとんど参加できていないので、
アイゼンワークのチェックをしています

西穂山荘までの登山道で良い壁を見つけて、両足はフロントポインティングで
片手はピックと石突きを上から押さえ込んでの三点支持を確認
かかとの上げ過ぎ、下げ過ぎ 注意! 雪がゆるくてバシッと決まらないな~


d0247927_15430761.jpg

サクッと登って本日のうちに丸山手前まで~
3週間ほど前の北八で高山病の症状が3人ともでたとの事ですので
写真など撮りながらプチ高度順応…効果あるのか?


d0247927_15492959.jpg


これだけ飲んだら…効果ありなし わからない ですよね~
サーモスの中はお湯じゃ~ありませ~ん!


d0247927_15512249.jpg


2日目 西穂山荘でしっかり朝食
まいりましょう~

カ の経験不足のためエスコートは独標手前まででございます
来週には涸沢~北穂とのことですから 

今回は雪と岩稜のプチ山行ということで
良い経験にしてください


d0247927_15543252.jpg


ヒヨコの分 重たいでしょ?


d0247927_15570108.jpg

ちょっとトレースをはずしてトラバースの練習
進行方向から見ると足は交差していないのです
写真奥の傾斜で練習したかったですが、自重しました



d0247927_15592002.jpg

展望台~
黄色い丸の部分のアップが下の写真です


d0247927_16002737.jpg

裸眼で見つけた カ えらいでしょ?
板背負ってます ロープウェイは板禁止
西穂高岳まで直登中か!
まだ決して見習ってはいけません

昨日の練習と 雪を判断する力を身に着けてからですネ
もちろん カ もいけません~


d0247927_16032808.jpg

あの~
みなさん 楽しそうですね~
周りに人がいるんですけど
といいますか この写真 通りすがりの方に撮ってもらってます…




[PR]
# by toyonaka-rouzan | 2017-04-23 23:31 | 縦走・泊まり山行