大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017.5.13.  投稿者 B班 カ

Mt.Hiei International Trailrun
関西のトレランのお祭り
との事なので 50㎞男子の部エントリー

このために 自分なりに
頑張ってきました!
が…

■結論 敗退!

20キロ地点の第二エイドでDNF
ここには第二スタートで関門30分前だった

行けなかったのではありません
行かなかった…
今でも後悔しています

19:00の関門には絶対に間に合わなかった
が…それで良かったのに
いろいろと考えてしまった


挑め己の限界に
Push your self to the limit

今年の書初はコレだったのに…

エイドでそば食べて
御山のお風呂に入るとは
心が折れちゃいました
それが後悔の原因ですね



スタート


d0247927_16421964.jpg

田んぼの中を走ってる感じ
下りの渋滞が… いいわけ…


d0247927_16423765.jpg

ドロドロ 楽しかったですよ 意外に


d0247927_16425699.jpg


美味しかったですよ 泣

劔より
ずっとつらいぜ
比叡山

来年行くぜと
軽口たたけず

不確定要素は
もちろん小窓
なんやねん

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2017-05-13 23:29 | 日帰り山行

小窓尾根より剱岳

2017.5.3-6.  投稿者 B班 カ

C班の大先輩よりお誘い
「GWの後半 ちょっと行こか~」
「普段 岩 やってない人は 誘ったらダメなとこじゃないからね~」

剱岳 ですよね!
大好きですから!
ご一緒します!

小窓尾根? 
知らないです~
ネットで下見はできました
馬場島の駐車場にてテント泊 ヤマテンチェック

1日目
リーダーが馬場島警備派出所の山岳警備隊の皆さんから
情報を…さあ行こう


d0247927_14295808.jpg

快晴
白萩川遡行から小窓尾根とりつきへ
スノーブリッジ良好で渡渉ゼロ


d0247927_14322910.jpg

登りますね~
こういうの大好きですが
見上げる陽に照らされた雪壁が怖いです


d0247927_14424057.jpg

キャノン魂~!
で登ります
暑い! 行動水の消費がすごいので
要所で雪をかじります


d0247927_14441345.jpg

ニードル手前 2121ピーク到着
予定地点 テント泊


d0247927_14461528.jpg

ゆっくりしていると ドンドン 快晴!
バンバン ヘリが来ては飛んでいく???
と思ったら 明日取り付くニードル下の雪壁から滑落か?
隊員が降下していきピックアップしていく

快晴無風とはいえ ホバリングの精度が凄い!
2回降下したように見えた

かぶりつきで 見ている4人さん
男子2と女子2のパーティーなのですが
翌日から行程が全く同じになるのです…
その体力が凄い! お見事です!

ヤマテンチェック

 
d0247927_14535397.jpg



2日目
快晴

ダブルアックスで雪壁を登る 早朝はしまっていて恐怖感はない
陽が昇るにつれて 気温は上昇 日照がすごい
雪はグサグサで 雪庇の通過は恐怖感抜群

池ノ谷を下る登山者や 西仙人谷を行く山スキーヤーがはっきり見えますし
声も鮮明!

谷に響く雪崩の轟音と リアルタイム映像の雪崩
私たちが 乗っている雪と 雪崩ていく雪
違うようには見えないが…
やはり違うのだろうか…


d0247927_15202106.jpg

「ピークの右肩を抜けると縦走路だからね~」
ウソつき!(感覚的には本当です)


d0247927_15463923.jpg

ガスがでてきた
なだらかに見えますが
けっこう登っています


d0247927_15472941.jpg

三ノ窓へむけて降ります


d0247927_15481464.jpg


C班の大先輩 お二人
富山湾 能登半島が一望
すごいところにきた ヤマテンチェック

(後日談) 
三ノ窓 って めちゃくちゃ有名 
じゃないですか~ 


3日目
早朝 各パーティーと情報交換
池ノ谷をくだって小窓尾根に登り返すパーティーもあり

私たちは
池ノ谷ガリーを登る
こういう感じは大好きです!…が

雪がしまっておらず 若干ラッセル気味 泣




d0247927_16055077.jpg


池ノ谷乗越 着
手前が池ノ谷 奥が長次郎谷

昨夜の打ち合わせで風雨の予報のため 剱岳本峰から早月尾根下山はキャンセル
長次郎谷を降ります


d0247927_16092753.jpg



行くぜ! すごいデブリだ 

リーダーの前を行くのは男子2と女子2のパーティー
その速いこと 速いこと

見上げると 大きな雪庇は大半が落ちている
一昨日 昨日で 落ち切ったと信じて行く


d0247927_16214851.jpg


剣沢との出会いで雨 その後 土砂降りの風雨に

ただただ ひたすらに 歩く 時折 突風に耐風姿勢 

剣山荘がはっきり見える 剣沢小屋は屋根しか見えない
剱御前小舎で大休止 結局ずっと雨の中 室堂着
タクシーで馬場島へ


d0247927_16364604.jpg


室堂にてteatime
apple pie と hot coffee が美味しい


[PR]
by toyonaka-rouzan | 2017-05-07 13:51 | クライミング・雪山