大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日時:2015年5月10日(日)
山域:北摂山地 大峰山

スタッフ:M芳、K本、T下、U井、K地(奈)、F原(ま)、I上
生徒:H川、S岐、O原、T中、U倉、K藤、Y崎、H鹿、U村、N村、N原、K原

 215年度、初級登山学校も開校して、1ヶ月が過ぎました、生徒の皆さんも、仲良くなってきました。
今日は実技3回目で読図山行です。 座学で地図の読み方、コンパスの使い方を覚えました。

さあ!! 班に分かれて実践です。

 JR福知山線「武田尾駅」にAM8:15に集合。今日もとっても良い天気です^^)

d0247927_23324454.jpg


 武田尾駅から取りつきまで、旧福知山線の廃線跡を歩きます。 木漏れ日がきれいです。
d0247927_23362178.jpg


読図開始です。今から、登るコースは谷筋? 尾根筋? 生徒の皆さん、がんばって!!
d0247927_2338442.jpg


座学で習った、「山座同定」中、あの山はどこ?!?! 
d0247927_23391229.jpg
d0247927_23392526.jpg


3班の生徒さん、読図中です。
d0247927_23445988.jpg


2班の生徒さんは 余裕??(^^)
d0247927_2343765.jpg


お~い!U井副校長 今日の実技は「木登り」ではないですよ(^^)
d0247927_23463992.jpg


1班の生徒さん。今日のおさらいです。一日良く歩きました。
d0247927_23484580.jpg


大峰山 山頂にて。
生徒の皆さん、読図は楽しみになってきたかな?! これからの山行にも「地図とコンパス」を。
d0247927_2351766.jpg

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2015-05-19 23:56 | 登山学校

大杉谷から大台ケ原へ

 2015年5月9日~10日
 30数年前の5月連休 大台ケ原から大杉谷へ下った。渓谷美の素晴らしさに魅せられ いつかまた行きたいと思っていた。当時は交通便も悪く、吊り橋も1人ずつわたる、下山後は宮川ダムを船で渡った。だから2泊3日の日程だった。その後、約10年間このコースは吊り橋の老朽化、台風の被害等によって通行禁止になっていた。やっと昨年4月道が通じた。
 今回は 大阪府連の他会が企画し 若干欠員募集していることを知り 同行さていただいた。1泊2日で登りコース。わが会からは3名参加。初日は5時間、2日目は7時間の登り。 初日は小雨で濡れた岩に注意しながら歩く。2日目は快晴、新緑が美しかった。
d0247927_21404689.jpg

 
d0247927_21445668.jpg

 さまざまな滝を見 吊り橋を渡り 川沿いに登る。濡れた岩で滑らないよう要注意だ。
d0247927_21505135.jpg

何と言っても圧巻は七つ窯滝だ。展望台から見た七つ窯滝。
d0247927_22302020.jpg

これは30数年前の写真。滝のすぐ上に吊り橋があって、それが1人ずう通行の細いもの。足もすくむ感じで歩き 今回よりかなり壮観さを感じたように思う。
d0247927_2272915.jpg
d0247927_2282159.jpg

青みを帯びた深淵の色は心に深くしみこむようだ。
d0247927_22315560.jpg

少し向こうに見えるのは台風による崩壊の跡。ここを縫って登山道を造ってくれている。その労苦に感謝しながら歩く。
d0247927_22331810.jpg

堂倉滝。この滝をのあたりで 川沿いの道は終わり ここからはかなり急な坂となる。
d0247927_22372278.jpg

シャクナゲ坂 シャクナゲ平を越える。残念ながら 今年は 2年に1度咲くシャクナゲのうら年なのか花はちらほら。
d0247927_22414979.jpg

頂上はまだ新緑の時期前のようだ。
d0247927_22434714.jpg

やっと頂上。遠くに熊野灘がかすむ。ここは富士山が見える一番西とか。
d0247927_22462092.jpg

参加者3人でーす。                投稿者 T.M.
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2015-05-13 22:55 | 縦走・泊まり山行

春山山行・鹿島槍ヶ岳

期間:2015年5月1日(金)・晩~4日(月)
山域:北アルプス 後立山
メンバー:A班5名、B班3名、C班3名、計11名
コースタイム:
5/2 快晴
扇沢出合駐車場6:25⇒(8:00南尾根冬山ルート入口)⇒11:40ジャックションピーク12:35⇒14:20爺ヶ岳南峰14:35⇒16:15冷池山荘(小屋泊)
5/3 晴れ
冷池山荘5:40⇒(6:53布引山)⇒7:55鹿島槍ヶ岳8:20⇒9:00布引山9:10⇒9:55冷池山荘10:40⇒12:40爺ヶ岳13:00⇒14:20ジャンクションピーク(テント泊)
5/4 小雨のち曇り
ジャンクションピーク4:55⇒7:50八ツ見ベンチ8:00⇒8:40扇沢出合駐車場

《写真》
(5月2日)
扇沢出合駐車場から出発。若干寝不足気味ですが、気合十分!?
d0247927_2231254.jpg
南尾根冬山ルートの取り付き。
この辺りは雪が残っています。
d0247927_22315271.jpg
しかし、すぐに雪がなくなって藪漕ぎとなります。
かなり暑く、夏山の様です。
d0247927_2232518.jpg

ここから樹林帯を外れて雪の斜面を登ります。
ようやく春山らしくなります。
雪が腐ってきているので、アイゼンなしで登りました。
d0247927_22321624.jpg

上から見ると、かなり急です。
d0247927_2232266.jpg

ジャンクションピーク到着!
先行していた2班が絶好調で、予定を変更して冷池山荘まで行くことになりました。
テントやシュラフを雪に埋めてデポします。
d0247927_22323735.jpg

先行する2班が爺ヶ岳に向けて、尾根上を行きます。
d0247927_22324898.jpg

爺ヶ岳の登り。雪がなくなって春山から夏山に戻りました。
d0247927_22325644.jpg

尾根上からは、蓮華岳(左)と針ノ木岳(中央)がきれいに見えます。
d0247927_2233862.jpg

爺ヶ岳直下のガレ場の登り。
d0247927_22331718.jpg

ようやく爺ヶ岳南峰に到着!
時間がないので、中峰はスルーしました。
(鹿島槍ヶ岳をバックに)
d0247927_22332555.jpg

冷池山荘へ急ぎます。雪がほとんどなく、夏道を行きます。
d0247927_22333275.jpg

無事に冷池山荘到着。とりあえず冷えたビールで乾杯します。
d0247927_22334194.jpg

今晩のメニューはタンパク質たっぷりの塩鍋です。
d0247927_22334924.jpg

小屋の2階から剱岳に沈む夕日を見ることが出来ました。
疲れている為か、この日は宴会もそこそこに20時くらいに寝てしまいました。
d0247927_22335820.jpg

(5月3日)
若干雲が多目ですが、小屋の前からきれいな御来光が拝めました。
d0247927_2234642.jpg

小屋でぐっすり眠ったので、みんな元気そうです。
d0247927_22341481.jpg

しばらく雪の上を歩いて行きます。
d0247927_22342254.jpg

鹿島槍が近づいてきました。
d0247927_22343452.jpg

剱・立山をバックに。あまりに眺めが良いので、意味もなく休憩します。
d0247927_2234434.jpg

無事に鹿島槍ヶ岳登頂!
天気も良く、剱・立山、白馬・五竜、槍・穂高がはっきり見え、遠くに富士山もうっすらと見えました。
d0247927_22345429.jpg

景色を十分に堪能してから、下山します。
d0247927_22353554.jpg

冷池山荘で装備を整えてから、爺ヶ岳に向かいます。
爺ヶ岳南峰でゆっくりするつもりが、蜂の襲来で早々に退散します。
d0247927_22354462.jpg

爺ヶ岳からのガレ場の下り。
落石しないように注意しながら下ります。
d0247927_22355376.jpg

ジャンクションピークでは、先行していた2班の6人がテント場の整地をしてくれていました。
d0247927_2236395.jpg

16時過ぎから宴会モードです。
鹿島槍の残雪で割った梅酒が好評でした。
次々と出てくるつまみの後は、ラーメンで締め。
結局、21時くらいまで宴会は続きました。
d0247927_22361470.jpg

(5月4日)
予想通り、朝から天気が悪い。
ぱらぱらと小雨が降ってきましたが、出発する頃にはあがりました。
d0247927_22362310.jpg

ここから雪の急斜面を下ります。
蓮華岳も見納めです。
d0247927_22363296.jpg

樹林帯で若干迷いながらも、登山口まで無事下山。
思わずみんなで握手をします。
d0247927_2236401.jpg
温泉に入ってさっぱりした後、洋食屋で昼食をとります。
鹿肉メンチカツ定食もかなりのボリュームで、満腹になりました。
ご飯も特盛で、なかには食べ切れなかった人も…
d0247927_22364827.jpg

初日に無理して、冷池山荘まで行ったおかげで、雨に遭わずに下山する事が出来ました。
雪が少なかったのは残念ですが、北アルプスの景色を満喫出来る山行となりました。

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2015-05-10 22:56 | 縦走・泊まり山行