大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014.10.26.                             投稿者 B班 カ

なんかカッコイイTシャツ着てる人いるな~、何かな~?
そのTシャツは『キャノンボールTシャツ』
着たい! どうしても着たい! 着るには出ねば!
d0247927_13161615.jpg

まずはゼッケン届きました。こういったもの付けるの初めてです。
d0247927_13171386.jpg

そして、Tシャツ買いました。まだ出てないけど、とりあえず着てランニングしてしまった。
今回のデザインは少しイカツサを抑えた控えめな感じかな。

d0247927_12491278.jpg

という事で、こういった大会があるんだよとの噂を耳にして、約1年!
2013年度初級登山学校卒業生2人と共に、
念願かなってSPEEDの部(片道)に参加してきました。
1人は前回大会の完走者ですのでいろいろと教えていただきました。ありがとね。

07:37 
電車の中でストレッチをするキャノンボーラーを数人確認
只者ではない雰囲気を確認しながら須磨浦公園駅着
もうすごく盛り上がってるじゃないですか~!

08:00
POWERの部(往復)の方たちがとりあえずのゴールにやってきます。
ただただ凄いです。これから一緒に宝塚を目指します。
私は完走(歩)が目標ですのでね・・・実は六甲全山縦走も初めてだしね。

で・・・ ながーーーーーーーい 修行の道

d0247927_13252044.jpg



19:07
ゴーーーーーーーール  11時間7分  
遅ーーーーーーーーい  とお叱りのむきもあるでしょうが・・・
今の私には精一杯です。全力です。とても全部走れません。
ほとんど歩いてました。

一緒に走っていただいた(といってもずっと先行しておられましたね)
エイドを全制覇!走って食べてキャノン満喫!した女性2人
私の方が結果としては先にゴールしたのですが、この2人ずっと
走ってました。なんで私に追いつかれるかって、エイドで食べてるんです。
毎回、毎回、エイドでゆっくり休憩した彼女たちにフラフラで追いつく悲しさ・・・
d0247927_13343937.jpg


前回大会完走の彼は膝を気づかいDNF、でもこれが重要なんです。
途中で下山する勇気、しっかり記憶しておきます。
電車で宝塚に合流してくれました。
d0247927_13415578.jpg


最後はもちろん乾杯です。
楽しかったな~。
SPEEDの部、一番はやい方は5時間を切るそうです。絶句・・・言葉がありません。
そんな方と同じスタート地点にいたという事が素敵!
きゃのんぼ~る最高です。また出たいな~。愛してます。
日の明るい内にFINISHできるようになれるかな~。なれないだろうな~。
d0247927_13431491.jpg


オマケ

2週間後、神戸市主催の全山縦走も行ってきます。
(こちらも初参加ね。)
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2014-10-27 22:53 | その他
2014年度 初級登山学校 修了山行
                                                    松木 
 
日時:2014年9月12日(金)~9月15日(月)
場所:立山
講師:野村校長 蔵本副校長 太田コーチ
生徒:有森 井上 巌 織田 菊地 原 福島 藤原 前田 松木 松芳(敬称略)  

9月12日(金) 21:30 大阪梅田ターミナル駅集合
<夜行バス>22:00大阪発

9月13日(土) 雷鳥沢キャンプ場ベースキャンプ・奥大日岳
5:40富山駅着→<電車>6:12電鉄富山発→7:16立山着→<立山ケーブルカー>
7:40立山発→7:47美女平着→<高原バス>8:10美女平発→9:00室堂着 
室堂(ストレッチ、高度順応)10:00出発→雷鳥沢キャンプ場10:50着 
テント設営/昼食 11:20雷鳥沢キャンプ場発→12:10室堂乗越着→14:05奥大日岳着→14:30奥大日岳発→16:30雷鳥沢着

9月14日(日) 立山三山  
4:30起床→6:00雷鳥沢キャンプ場発→8:00一の越山荘着→9:20雄山着→10:10大汝山着→10:30富士ノ折立着→12:25別山着→13:40劔御前小舎→15:30雷鳥沢着

9月15日(月) 温泉・大阪解散
4:00起床→6:30雷鳥沢キャンプ場発→7:40室堂着→<高原バス>8:00室堂発→
8:50美女平着<立山ケーブルカー>9:50美女平発→9:57立山着→グリーンビュー立山(入浴)→<電車>11:30立山発→12:33電鉄富山着→富山駅前でランチ→<高速バス>16:30富山発→22:00大阪着、解散 

≪13日/登山初日≫
昨夜の夜行バスで眠れなかった人もいて、疲れが残りつつも、電車、ケーブルカー、バスを乗り継いで室堂へ。途中、電車から立山連峰と剱岳が見え、美しさに思わずシャッターを切る。標高が上がるにつれ気温が下がり、室堂ではフリースが必要なほどだった。途中で昨年度の初級修了生の皆さんと遭遇し、室堂で一緒に記念写真を撮った。雷鳥沢キャンプ場まで歩荷し、テントを設営。久々のテント設営は少々手間取る。
防寒着などの準備を済ませ、1日目の目的地、奥大日岳へ出発。最初は手袋が必要なくらいに寒かったが、歩くうちに温まり、衣服調整でフリースを脱いだ。室堂乗越あたりで生徒の1人が高度障害で体調を崩す。コーチと一緒にパーティーを離脱し下山することになった。私はどうしていいかわからず見ているだけだったが、荷物の分担を申し出たりストックや効きそうな薬を出したり、声をかけたりする他のメンバーを見て、こういう時にできることは結構あるなと思った。同じ班のメンバーの体調の変化に気づけていなかったことも含めて反省。残りのメンバーで奥大日岳を目指す。奥大日岳についたものの霧がかかり、剱岳も見えそうで見えない。霧が晴れるのを待っていると、先ほど離脱したはずのメンバーとコーチが遠くから歩いてくる姿が!結局しばらく休むと回復したとのこと。再会を喜び、全員で再度記念写真を撮った。
帰りは来た道を引き返すコース。途中で雨が降り、レインウェアを着た。今年度の初級登山学校では歩行中に雨に遭うことがなかったので、初めての経験。「雨具のズボンを履く際、靴の上にビニール袋を被せれば、靴を履いたままでもスムーズに足を通せる」という技を教えてもらった。  
程なく雷鳥沢キャンプ場に到着し、早速夕食の準備。雨が降っていたので、各班テント内で食事をすることとなった。うちの班は白菜とベーコンのミルフィーユ鍋と、校長特製のトマトパスタ。冷えた体に温かい食事が最高だった。食事が終わって外に出てみると、文字通り満点の星空。それはテント場が宇宙に浮かんでいるような、今まで感じたことがない不思議な感覚で、この星空を見れただけでも、こんな高い山まで来た甲斐があったと思えるくらいの美しさだった。
そして20:00頃には消灯した。が、とにかく寒い!持ってきた防寒着を総動員してもなお寒い。やっぱり寒い高山はもう懲り懲りと思った(前言撤回)。

≪14日/登山2日目≫
昨夜の寒さであまり眠れなかった人は私だけではなかったようだ。うちの班は寝起きが悪く朝ごはんの準備に手間取ってしまった。気を取り直して立山三山縦走に出発。今日はうちの班が先頭だ。これから登る山を朝日が照らして、爽やかな気分。道迷いもなく、いいペースで一ノ越山荘まで着いた。一ノ越山荘からは、槍ヶ岳がはっきり見えた。雄山までの登りは岩が多く、落石を起こさないように気を付けて登った。今日のコースは、足元の状況や風景が変化に富み、歩いていて飽きない。途中で何度か、正しい道順を示す○×のマークを見落として危険なルートに行きそうになってしまった。
別山あたりで、またもメンバーに高度障害の症状が出た。後は下るだけの予定だったので、皆で荷物を分担して、転倒しないようロープで前後を確保してゆっくり下山することにした。私たちのパーティーが急に捕り物帳の様相を帯びた。ここで副校長が合流。同じルートを追いかけて追いついてくださったとのこと。一緒に雷鳥沢テント場まで下山した。全員が無事に下山できてとりあえずほっとした。
今夜は全員で一か所で調理・食事をすることに。今日自分たちが登った山々に夕日が当たるのを眺めながらのビールは格別だった。やはり皆でわいわい言いながら料理をして食べるのは楽しい。こういうのにあこがれたのも、登山を始めた理由のひとつだった気がする。
その後は満点の星空を満喫してから就寝。昨夜に比べると寒さはマシだった。

≪15日/帰阪≫
テントを撤収し、雷鳥沢を後にした。この日は帰るだけ、と油断していたが、雷鳥沢から室堂までの歩荷が意外とキツかった。立山に到着し、温泉営業開始までに時間があったので、近くの博物館や飲食店で時間つぶし。立山カルデラ砂防博物館というのが充実していたらしい。温泉で疲れを癒した後は、富山駅前の展望レストランで、富山の幸を楽しんだ。それぞれお土産を買い、高速バスで無事大阪に帰ってきた。


移動も含め、長い3泊4日でした。この報告文を書いている今も、山行の途中で見た壮大な景色や、皆でワイワイ料理したこと、テントの中での他愛もないけど楽しいおしゃべり、3日ぶりの温泉に浸かった時の心地よさ等を思い出しては、幸せな気分になっています。夕食の時野村校長に「君の今後登ってみたい山は?」と訊かれてもうまく答えられなかったのですが、それは多分、今の自分にとっては上に挙げたような楽しみさえあればどの山でもいいようです。でも、今後山の知識が増えるにつれ、登ってみたい山が見つかるかもしれません。その時に存分に楽しめるように、安全に登れる技術をこれからも磨いていきたいと思います。お世話になった講師・生徒の皆さん、ありがとうございました。



d0247927_13244453.jpg
d0247927_13254095.jpg

d0247927_15481863.jpg

d0247927_15491562.jpg

d0247927_155379.jpg

d0247927_15572418.jpg

d0247927_15574926.jpg

d0247927_1558560.jpg

d0247927_15582047.jpg

d0247927_15583597.jpg

d0247927_15585570.jpg


d0247927_13264093.jpg

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2014-10-13 13:52 | 登山学校
秋はやっぱり!紅葉と夜長!!
色づくブナ林でのハイキング&快適コテージでの大宴会!
みんなで秋を大満喫しませんか?!


 日程: 2014年11月2~3日
 場所: 大御影山・函館山
 宿泊: ビラデスト今津  ⇒URL http://www.villagedest.com/
 担当: CL吉村,SL西山

JR近江今津駅で下車し、送迎バスでビラデスト今津に向かいます
思わず走りたくなる芝生もあったり、下見なのにこれはテンションが上がります
d0247927_016260.jpg

そして立派なコテージ!!
ここで重たい荷物を下ろし、持ち寄ったお酒や食材を冷蔵庫で冷やします
d0247927_0213456.jpg

一日目は大御影山!!
高島トレイルの一部ですね。ブナ林の尾根道を 時々琵琶湖を眺めながら まったり歩きますー
d0247927_0244861.jpg

宿泊先に戻ってきたらお風呂で汗を流して、みんなで調理!
さてさてディナーは何にしよかな~??
キンキンに冷えたビールが楽しみです☆
酔い覚ましにテラスで夜風にあたるのも良さそうですね~
そしてお布団でぐっすり就寝☆
シュラフではしばらく寝付けないという方にも安心して参加して頂けます☆

二日目は函館山!
あまり聞きなれないお山ですが、こちらのブナ林も立派です
ブナの葉っぱの絨毯を踏みしめながら、森林浴をたのしみましょー
風も通って気持ちよく歩けます
それに函館山はキノコがたくさん!いかにも秋☆
宿泊先に戻り、送迎バス→JRで帰阪します。
d0247927_0341122.jpg

皆さま いかがでしょう??!
泊まり山行では重い荷物がツライ… 激しい行程はちょっとなぁ~
せっかくの秋を満喫したい! みんなと仲良くしたい! 最近楽しいことしてへんわ~ 
という方も奮ってご参加ください♪
もちろん!
日々サバイバルを楽しんでおられる方も、日頃から楽しく過ごしておられる方も!
ぜひぜひ一緒に ワイワイおしゃべりしながらのハイキング&宴会で遊びましょう!!
あいにくの雨天となった場合でも、木工体験(グラウンドゴルフも?)などで遊びたいと思います

☆ コテージの予約の都合上、申込は10月19日(日)までとさせていただきます。
☆ 申込は吉村CLまで。ご不明点は吉村CL・西山までお気軽にお尋ねください。
☆ 岳友10月号P.19をご確認ください。


皆様のご参加を心よりお待ちしております~☆☆☆

記:ニシヤマ
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2014-10-09 00:44 | 縦走・泊まり山行