大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

蝶ヶ岳~常念岳 縦走

日時:9月21-22日

参加者:蔵本(投稿者)、山田 

コース:1日目 鳥川林道駐車場(7:10)~三股登山口(7:25)~まめうち平 (9:15)~蝶ヶ岳ヒュッテ(12:00)

 週末、久しぶりの快晴。三股登山口駐車場は車でいっぱいです。路肩に車を停めて出発です。
d0247927_21424160.jpg

三股分岐で蝶ヶ岳へ向かう人、常念岳へ向かう人に分かれます。
僕らは蝶ヶ岳へ向かい、明日、常念岳への周回コースです。
 分岐から20分ほど歩くと、「ゴジラみたいな木」がお出迎えです。
d0247927_21453192.jpg


整備された登山道を歩き、常念岳が見えてきました。
d0247927_21512935.jpg


大滝山への分岐を越えると、もうすぐ蝶ヶ岳山頂です。山頂はなだらかな平なところです。
お待ちかね、槍穂連峰!!この雄大な、ダイナミックな景観に圧倒されます。
写真右から槍ヶ岳、南岳、大キレット、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳。
d0247927_220184.jpg



テント張って、夕暮れまでのんびり、堪能しました。
左奥が御岳山、真ん中奥が乗鞍岳です。
d0247927_22172239.jpg



2日目 蝶ヶ岳ヒュッテ(5:03)~蝶槍(6:05)~常念岳(9:43着10:16発)~前常念岳(11:05)
三股登山口(14:16)

本日も天候快晴。まずはご来光。
d0247927_22222952.jpg


山田さんのこの笑顔!! 今回の山行を表していますよね。
d0247927_22262444.jpg


槍沢と槍ヶ岳です。今日は労山メンバーがあの槍ヶ岳に登頂することでしょう。
d0247927_22274217.jpg


蝶ヶ岳から3時間。常念岳まであと少しです。
d0247927_2230181.jpg


稜線にはブルーベリーとコケモモがたくさん、実がなっています。
赤いのがコケモモです。甘酸っぱくおいしいー!!
d0247927_22435092.jpg

d0247927_22442016.jpg


他にもシラタマノキ、ツルリンドウ、ゴゼンタチバナ、ナナカマド 秋の実りを感じます。
 シラタマノキの果実はメントール様の芳香物質を含み、噛むとサロメチールの味がします。
他は食べない方がいいでしょう。
 
 
 実りある山行、また、ぜひ来たい!!
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-09-29 23:00 | 縦走・泊まり山行

白峰三山テント泊縦走

~ 灼熱の白峰三山テント泊縦走 ~
日   程: 2013年8月11~14日(前泊+2泊3日)
メンバー: H高(CL)、西山


1日目
奈良田第二駐車場で仮眠をとった後、始発の広河原行きバスに乗るぞー!!
と意気込むも、第一駐車場から乗り込むお客さんで既にバスはきゅうきゅう
「すぐ臨時便が来ますから~」という乗務員さんの言葉を信じ…たのがマズかった。
バス来ぇへんやんか(´д`)!!
なんとか広河原に到着するが、計画より既に1時間半のタイムロス。
けれど高さにも慣れたいし荷物も重い。ゆっくり焦らず歩を進めて後ろを振り返ると…
どーーんっ 鳳凰三山!
d0247927_19392844.jpg

それにしても暑い!照り返しでジリジリ焼けていくのがわかります。
こんな時は雪渓を眺めて視覚から涼みましょう。
左端で休憩している人と比べても、ほら、こんなに大きな雪渓が残っていました(暑いのに!!)
伝わりづらいですが、斜面もけっこう急です
d0247927_19505798.jpg

あれ?いつものH高さん節がまったく聞こえてきません…
寝不足+暑さ+夜通し運転してもらったせいか、H高さんの調子が悪そうです…
ということで、目の前に北岳山頂がそびえていますが、
「また一つ行きたい山が増えた!」ということで、あっさり計画変更。
山頂には行かず北岳山荘へ向かいます!
d0247927_22202944.jpg

北岳山荘には、業務用冷蔵庫…ではなく立派なバイオトイレと、診療所がありました。
d0247927_2094373.jpg

野菜&キノコたっぷりの塩麹鍋でお腹いっぱい。早めに就寝。
夜中にそう言えば!とテントから仰向けのまま頭だけを出すと、
夜空にはペルセウス座流星群!!
外に出てみると、他の皆さんもちょうどピークを迎える天体ショーを満喫していました
流れ星がびゅんびゅん落ちてくる~  それにしても速っっ!
願い事を3回も唱えさせてくれる余地はありませんでしたが、心も温まったところで再び就寝。


2日目
今日もいい天気~!
富士山を眺めながらさわやかにテント撤収
d0247927_20224558.jpg

そしてH高先生も復活!待ってました!!
そして白峰三山ならではのこんなはしゃぎ方をしてみました☆

どーん!FUJIYAMA!第1位!
d0247927_20315229.jpg

第2位!北岳!! いつかいくから待っててね!
d0247927_20351620.jpg

第3位!むこうの方にうっすらと 槍ヶ岳!けど後で調べたら実は第5位~
d0247927_20375093.jpg

第4位!もっと注目されてもいいのに間ノ岳!!
d0247927_2040304.jpg

番外編 農鳥小屋つまんでみました☆
d0247927_20452566.jpg

気分よく楽しく歩いていると…らいちょー!!人生初雷鳥です。
快晴の空の下で、お母さん(?)雷鳥の後をヒナ4羽がトコトコ追いかけてました。
d0247927_2050297.jpg

あっという間に農鳥小屋へ到着。
真っ黒に日焼けしたTHE 山男のおじさんがニコニコと話しかけてくださいました。
ここでなんと50年も登山者を見守ってくださっているそうです。
自然の魅力も恐ろしさも知り尽くされたおじさんだからこそ、おじさんの言葉には力があります。
d0247927_21103717.jpg

おじさんに送り出してもらい、大門沢小屋に向けて出発。
ゴツゴツした山々を越えていき、ようやく大門沢下降点に辿り着きます。
ここからはひたすら急な下り。さらに木の根っことゴロゴロした岩の道。気が抜けません。
d0247927_21191486.jpg

だんだん足の裏がじんじんしてくる。
左足をかばっていると膝もガクガクしてきて思うように動かへん…
やっぱりそうなのか!親指の付け根が靴擦れ~(*_*)
痛いけどそうも言ってられぬ!ゆっくりでも歩かないとテント場につかへんよ~
やっとの思いで、ヘロヘロになりながら大門沢小屋に到着です。
5分500円の温水シャワーで長時間酷使した身体を労ります。

そして本日のディナーは具だくさんホワイトシチュー☆☆
重たいジャガイモたちを背負ってきた甲斐があります♪
d0247927_1239355.jpg
めっちゃおいしーっ!! とホフホフしているとなんだかお隣さんも楽しそう…
陽気なお父さんと、穏やかな笑顔のお母さんと、かわいらしい女の子
ホワイトシチューを喜んで食べてくれた中学生の彼女は、なんと!
小学4年生で日本百名山をすべて踏破されたとのこと!!!
週末になると香川県から車を走らせ、家族3人で日本中の山々を歩き渡られているそうです。
なにより家族の絆の深さが伝わってくる~
素敵な出会いに、やっぱり山はいいなぁ~としみじみ感じながら…爆睡。


3日目
今日は下りきるだけという安心感のもと、まったりと朝食タイム。
昨日のミキちゃんご家族と記念写真☆
山の大先輩に握手してもらい 出発です。
d0247927_21581414.jpg

沢の涼しい音をききながら、ひたすら下ります。
d0247927_22383820.jpg

やっと下りきった!と思ったらアスファルトをさらに1時間かけ、
奈良田駐車場にようやく戻って参りました。
するとミキちゃん家族が待ってくれていました!
また山でお会いしましょー!!
d0247927_2255373.jpg

                                            報告:西山
 
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-09-12 22:51 | 縦走・泊まり山行