大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日時:2013年3月30日
参加者:B班 上原、川島、佐々木(正)、寺田、徳原、山田、蔵本(投稿者)
コース:大貝戸表道登山口(9:30)~藤原山荘(12:05)~藤原岳頂上(12:25着~13:10発)~大貝戸表道登山口(15:30)


花の名山である鈴鹿山系の藤原岳に行ってきました。
もちろん、「フクジュソウ」との出会いを求めてです。

天候快晴、ツアーバスも3~4台ほど駐車場には止まっており、たくさんの登山者が来ています。


表道の神武神社前から出発です。(裏道の聖宝寺コースは堰堤工事のため通行止めです)
d0247927_4331920.jpg


歩き始めてすぐに「ミヤマカタバミ」が咲いていました。
d0247927_4335585.jpg


続いて3合目付近に「ミスミソウ」を発見。
「ミスミソウ」と「スマハソウ」は葉の形で分別するそうです。
d0247927_4361263.jpg


8合目から、お待ちかね「フクジュソウ」の群生です。
ホント、きれいな黄金の花ですね。
d0247927_4372828.jpg

d0247927_4374469.jpg


「オウレン」を発見。
d0247927_4385167.jpg


9合目付近に「セツブンソウ」を見つけることができました。
d0247927_440362.jpg


藤原岳山頂は平たんな準平原状を呈し、カルスト地形であります。
頂上近くにある藤原山荘は登山者でいっぱいです。
藤原山荘は避難小屋です。
d0247927_4413440.jpg


藤原岳頂上から見た、御池岳です。
d0247927_4422363.jpg


展望も良く、「フクジュソウ」にも出会え、今日はとても満足感高い山行でしたね。
みなさん、お疲れ様でした。
d0247927_4485259.jpg

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-03-31 04:44 | 日帰り山行

5月A班月例山行の案内

5月月例山行は加西アルプスです。標高は低いですが、ちょっぴりアルペン的岩尾根を歩きます。

      3月15日(快晴)に下見に行ってきました。ちょっと案内します。

行程:北条鉄道播磨下里駅→下里小学校→登山道入り口→岩尾根→善防山→尾根道→つり橋
→くさり場→古法華公園(トイレ)→つり橋上のくさり場→尾根道→頂上直下のくさり場→笠松山
→214mのピーク→熊野神社→北条鉄道長駅
歩行時間:約4時間(行動時間早く5時間古法華で休憩+笠松山山頂で休憩各25分)
       かなりゆっくりのペースでした。

善防山には途中諏訪山登山道(善防山北尾根)がありますが、今回は小学校からの登山道を使い岩尾根を登ります。
d0247927_21381510.jpg

下里小学校と民家(写真左)の間の道をいきます
d0247927_214319100.jpg

こんな道を20分も登ると尾根道にでます
d0247927_21451975.jpg

加西アルプス縦走の始まりです
d0247927_21465289.jpg

岩は表面が粗く滑りません。結構スイスイ登れます
d0247927_21482592.jpg

d0247927_21501022.jpg

つり橋を渡って正面のくさり場を登ります
d0247927_21505698.jpg

きつそうに見えますが、結構余裕をもって登れます
d0247927_21521131.jpg

振り返ると今まで来た岩尾根が見えました
d0247927_21534765.jpg

正面の山頂に笠松山の展望台が見えてきました
d0247927_21544849.jpg

今日は展望台で昼食です。豪勢にチャーシュウ・ねぎ・のり入りです
d0247927_21555567.jpg

山頂から約1時間で長駅に着きます。途中振り返ると善防山(左)と笠松山(右)が見えました
d0247927_21574116.jpg


月例山行は、5月25日(土)です。詳細は岳友4月号をごらんください。
たくさんの参加を待ってま~す。   《藤田記》
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-03-15 22:07 | 日帰り山行
~ 2012年度 雪山教室 修了山行 ~

日  時: 2013年2月16~17日
場  所: 荒島岳
参加者: 11名(講師4、スタッフ2、生徒5)
行  程: 1日目/大阪駅集合→ 勝原スキー場 → シャクナゲ平(幕営・食事・就寝)
       2日目/シャクナゲ平 → 荒島岳 → シャクナゲ平 → 勝原スキー場 → 大阪駅

ようやく生徒5名全員が揃う実技となった。今回の交通手段はなんと貸切バス!
MAXハイテンションで浮かれていると、あっという間に勝原スキー場へ。
d0247927_1841356.jpg


ラッセルを交代しながら進んで行くとAさんから声がかかる。
初めてのラッセル!
前に進もうともがくも・・・進んでいる気全くしーひん!!
「ちゃんと進んでんでー」と励ましてもらいながら、雪と格闘!
・・・と言うより弄ばれる(*_*)
d0247927_18473720.jpg


ブナの木の枝にも、私の髪の毛にも、雪がびっしりとついてきた頃、シャクナゲ平に到着。
寒い・・・汗をかいてしまう自分を呪いながらテントを張る。
d0247927_1913111.jpg


6人用テントに11人。完全にムギュムギュのパンク状態。
なんとN村さんの節目のお誕生日~♪
ということで、宴はこれでもかっ!という程に盛り上がる。
かんぱ~い♫
d0247927_1915437.jpg


足は痺れっぱなしだけど、このひしめき具合がなんだか心地いい。
薄っぺらなテントを隔てれば、外は厳しい自然が広がっているのに、
ここは温かくて、みんなの飛び切りの笑顔もある。
雪山テント泊の幸せを噛みしめながら、就寝・・・☆☆


二日目
落ちそうな星空が段々明るくなると、そこには一面、生クリームのような雪がっ!
もちろんダイブ!! けど脱出できない・・・ Hちゃんたすけて~!
d0247927_19191488.jpg


荒島岳山頂を目指して出発!
と、その前に・・・華のあるお二人を拝みます。
d0247927_19524494.jpg


ゴールはあの山の向こうです。
d0247927_19204812.jpg


“もちがかべ”
名前の正しい由来は知らないけれど、 う~む・・・まさしく餅色の壁!
d0247927_1921351.jpg


日本海も見えてきました!
枝をまたぎ・・・っていうことは、木の先の辺りまで雪が積もっているのか!?
感心している場合じゃない!左に寄りすぎると、落っこちてしまう・・・
d0247927_19244932.jpg


登っては後ろを振り返り、少し登るだけで また違う景色に感動。
雲海や真っ白な白山の姿から パワーをもらいます。
d0247927_19281217.jpg


“雪庇”というものも初めて見ました。 間隔を空けて歩きます。
ラッセルはずっとAさん。すごいっ!
d0247927_19291235.jpg


快晴で風も無い恵まれた環境で、荒島岳山頂に到着!!! いえ~い♪♪
d0247927_1931254.jpg


興奮が止まらず、歓喜のハグ! 
                     (注) 襲いかかっている訳ではありません (注)
d0247927_19321927.jpg


ジャンプしたり滑ったり、はしゃぎながら テントまで下っていきます。
d0247927_19332672.jpg
d0247927_19343689.jpg


テントまで戻って、N坂さんお手製のケーキでもう一度N村さんをお祝いし、
勝原スキー場まで下っていきます。
“トトロの木”
d0247927_19373786.jpg


新雪を見つけては、ダイブしながら (足を取られてコケることもしばしば・・・) 下山。
暑かった・・・
d0247927_19393176.jpg


温泉に寄り、食べ物やお酒を買い込んで、宴会しながら 帰阪。
大阪に着いた頃には「また行きたいなぁ」
・・・と すっかり 雪山テント泊の魅力に 取り憑かれてしまいました。

あっという間の雪山教室でしたが、
雪山なんて武者修行の場所・・・とのイメージが大きく変わりました。
厳しい自然環境の中でも、登山は楽しい。
御陰様でそう思うことができました。

            どうもありがとうございました!!

                                               記:西山
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-03-12 20:16 | 登山学校

雪の天狗岳

d0247927_1963837.jpg
雪の天狗岳へ

行先 天狗岳
日程 2013年3月4日夜発~6日
   
3/4 19:30梅田~~諏訪 24:30(ビジネスホテル泊)
3/5 諏訪 7:30~~渋の湯 8:40
    渋の湯 9:05~~黒百合ヒュッテ 11:40~~ 東天狗岳 13:25 ~~西天狗岳 14:00 ~~    黒百合ヒュッテ 15:25 ~~渋の湯 16:50
3/6 帰阪

  他会の山行に参加させていただいた。天候に恵まれ、最高の眺望を楽しめた。ただ遠方は春霞気味だった。

 
d0247927_1963837.jpg
黒百合ヒュッテを過ぎ 天狗岳を目指す。左が東天狗、右が西天狗(主峰)

d0247927_18354189.jpg
 
 東天狗から見た 西天狗

d0247927_1837242.jpg

 西天狗岳頂上から見た 八ッ岳の峰(左から硫黄岳・赤岳・権現岳・阿弥陀岳)

d0247927_18404566.jpg

 西天狗を下る。

 コースはトレースもしっかりついていて、登りやすかった。天候や体調によっては黒百合ヒュッテに泊まることもできる。登山口の渋の湯は 秘湯の雰囲気たっぷりの温泉だ。少々遠いが 比較的容易に楽しめる雪山だ。   (A班 南埜) 











 
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-03-09 19:19 | クライミング・雪山

マキノ楽ちんテント泊

日 程 :2012年10月27日(土)~28日(日)
参加者 :5名
行 程 :マキノ高原キャンプ場~赤坂山~三国山~黒河峠(トイレ)
      マキノ高原キャンプ場(温泉・テント泊)

去年の話です。天気予報が雨だ!!と言われながらも現地に着くと
とってもお天気。ハイキング日和です。
またまたやってきました。マキノ高原。お花は咲いているのでしょうか?
今回は、こんなコースです。
d0247927_04541.jpg


キャンプ場に荷物をぜーーんぶ置いて出発です。
d0247927_071857.jpg


天気予報がうそみたい。ここが登山口です。
d0247927_08490.jpg


まず目指すは赤坂山。ゴーゴー。
d0247927_092487.jpg


途中で休憩・・・・・・。
d0247927_0113533.jpg


イワカガミのお花?が咲いていました。こんな時期にいったい・・・・・・?キレイ♡
d0247927_015588.jpg


山頂付近はススキがフサフサ生えていました。
d0247927_0164876.jpg


赤坂山に到着~~~!
d0247927_0202730.jpg


明王の禿にやってきました。ここにススキを生やしてあげたいですね。
d0247927_0184610.jpg


そして三国山。朽ちた標識をお借りして記念撮影です。
d0247927_0211450.jpg


黒河峠のトイレ。4月は雪で埋もれていました。
d0247927_023227.jpg


ちょいと休憩です。
d0247927_023371.jpg


日も暮れてきました。そろそろテント設営の時間です。
d0247927_0242134.jpg


楽しいらくらく秘密基地の作り方を実践中です。とっても楽しそう。
d0247927_025493.jpg


そして、とっても楽しいディナーの準備。
d0247927_02632100.jpg


オードブル、できちゃいましたーー。すごく美味しかった♡
d0247927_02757100.jpg


メインデッシュはビーフシチューです。
d0247927_029382.jpg


デザートも!!
d0247927_032237.jpg


食事のあとはみんなで語らいます。
d0247927_030398.jpg


この後は温泉に行き、温かいシュラフに包まれて眠るのでした。

朝、起きるとパラパラと小雨が降っていました。

登山はあきらめてキャンプ場の近くをお散歩します。
d0247927_0335545.jpg


みんな楽しそうでした。
d0247927_0341529.jpg


おしまい。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-03-04 00:34 | 縦走・泊まり山行