大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

月日:平成24年5月27日(日)
天気:晴れ
行程:蛍池7:00→コグルミ谷出合登山口9:10→長命の水→6合目分岐→8合目分岐→御池岳
   →12:15ブタンブチ12:45→御池岳→鈴北岳→鞍掛峠→15:15駐車場→18:15蛍池
参加者:20名


今月の月例ハイクはバスハイクです。
d0247927_13362264.jpg


遠足気分で車内はワイワイガヤガヤ
d0247927_1338193.jpg


コグルミの谷出合から登山路へ入ります
d0247927_1340471.jpg


標高529mより御池岳山頂1247mまで約3時間ずーっと登りです
コグルミの谷は石灰石が多く白くてきれいな谷です。両側は勾配もきつく降雨時はさぞかし
大変でしょう
d0247927_13433877.jpg


途中 長命の水がわき出ています。ここで小休止 おいしい水をいただきました
d0247927_13483859.jpg


山頂に近づくにつれコバイケイソウと二輪草がたくさんあります
d0247927_13511016.jpg


山頂で山名標識をお百度参りのようにしてすぐボタンブチへ
d0247927_13534377.jpg


みはらしのよいボタンブチでお昼ご飯です
d0247927_1356392.jpg


振り返ると御池岳の荒れた南稜が目の前にあります
d0247927_13574738.jpg


鈴北岳までは広い湿地帯を歩きます
d0247927_13595024.jpg


鞍掛峠からの下りはざれた細い登山道です。最後まで気を引き締めて下山しました
今日の参加者の満足した顔です。(御池岳山頂で)
d0247927_1432269.jpg

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-28 14:10 | 日帰り山行
日時 5月27日(日) コース ガリバー村ー八淵の滝ーオガサカ道ー釈迦岳
ー旧比良リフト道ーイン谷口ー比良駅 登山者 B班 大城(CL),寺田
 登山口に向かうと驚きました。入山禁止の立て看板があり、登山道が荒れて
いるとのこと。このまま引き返すことも出来ずまた完全に入山禁止になっている
状態でもないので行けるところまで行くことにしました。歩き始めると山側の道しか
歩けないようでその道も荒れていました。
 昼食後シャクナゲの花を求めて、オガサカ道を登りましたが、シャクナゲの木は
たくさんありましたが、花はすでに終わっていました。2週間前が良く咲いていたそ
うです。残念ですが来年を期待したいと思います。
 釈迦岳からは初めて旧ロープウェイとリフト道に沿って急な道を下山しましたが
幸運にもシロヤシオ、アカヤシオを見ることが出来ました。アカヤシオは先週の赤
石山のアケボノツツジよりも色鮮やかで嬉しくなりました。また、ツツジ、ウツギ、イワ
カガミの花もあり、時期は遅れていましたが花を楽しむことが出来ましたが、デジカメ
を忘れ皆さんに写真を見せることが出来ず残念です。
 比良駅ではいつものところで今日の打ち上げをし、気持ちよく登山を終えました。
これから八淵に入山される方は登山出来るかどうか確認してください。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-27 20:41
日時:2012年5月13日(日)
場所:北摂山地・大峰山
講師:太田・土居
スタッフ:田中(良)・田中(陽)・広高
生徒:加藤・北川・北村・木村・合田・田中・西山・長谷川
行程:JR武田尾駅 – 大峰山 – JR武田尾駅

首からコンパス、手には地形図・・・
3か月前までは、想像もできなかった登山スタイルで、講習は始まった。
2班に分かれて、各自順番にコースリーダーを務める。
前日の座学で細かく教わったものの、実際見るのとやるのでは大違い。一人で判断するとなると途端に不安になってくる。コンパスとにらめっこをしては、何度も何度も地形図と見比べ景色を愛でる余裕は全くなかった。ここまでしても、ポイントというポイントでことごとく間違ったルートを選択。いったいゴールするまでにどれだけ時間がかかるのかと途方に暮れた場面も多々あった。それでも最後はみんなで力を合わせ、6時間30分かけて何とかたどり着くことができた。自信喪失・自己不信になった山行ではあったが、得たものもあった、連帯感だ。迷って迷って生まれてきた団結力、大事にしていきたい。まだまだひよっこの我々ですが、地道に一つずつ克服していき、いつかは憧れの山へ登ってみたい。初級登山学校生の奮闘は続く・・・。


武田尾の駅前で広高副校長によるストレッチ講習
d0247927_21411582.jpg


桜の園入口から登山道に取り付きます。
この後すぐに、最初のトラップが…
d0247927_2141282.jpg


天気も良く、稜線上からは大峰山がばっちり見えます。
コンパスを合わせて、現在地を確認。
d0247927_21413849.jpg


大峰山付近でランチタイム。至福のひと時。
d0247927_214242.jpg


大峰山山頂で記念撮影。この先もトラップは続く…
d0247927_21421283.jpg


きのこ?がいっぱい!
d0247927_21422053.jpg


新緑に癒されます。
d0247927_21422776.jpg


どこから登山道に取り付くか…
d0247927_21423478.jpg


2班は迷わずに、検見山の西の送電線に到着。
d0247927_21424390.jpg


閉まった扉に惑わされ…なかった?
d0247927_21425083.jpg


谷を挟んで、今日歩いてきた稜線が見えます。
d0247927_21425954.jpg


最後の急な下り。落ち葉のせいで足元がずるずる。
d0247927_21431054.jpg


アイスを食べて無事の下山を喜びます。
d0247927_2143213.jpg



今回の実技も、お疲れ様でした!
これからも折を見て、読図を続けましょう。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-25 22:04 | 登山学校

西赤石山 山行

日程:2012年5月19~20日
参加者:4名
行程:
5/19 日浦登山口(旧別子登山口)~銅山越~(西山)~銅山峰ヒュッテ 
5/20 銅山峰ヒュッテ~銅山越~西赤石山~銅山越~日浦登山口(旧別子登山口)

 「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる日本三大銅山の一つの別子銅山の産業遺跡跡とアケボノツツジを楽しむため、石鎚赤石山系の西赤石山に向かう。

5/19 1日目
 今回の登山コースはこんな感じです。
d0247927_23225671.jpg


歩き始めてすぐに、産業遺産跡があります。
d0247927_23265860.jpg

d0247927_23283666.jpg


2時間ほど歩くと、銅山越に着きました。
d0247927_23315750.jpg


西山に向かう稜線上はツガザクラの保護地区です。
d0247927_23334858.jpg


今日はこちらの銅山峰ヒュッテに泊まります。
宿泊者は少なく、我々4人も一部屋個室に泊まることができました。
食事は自炊で野菜たっぷり牛しゃぶをしました。
d0247927_23375466.jpg


5/20 2日目
 
 6時出発。ヒュッテから銅山越、西赤石山へ登っていきます。
お待ちかねのツツジです。これはアカイシミツバツツジ
d0247927_23412330.jpg


元気なB班 ベテラン達(^^)
d0247927_23421957.jpg


アケボノツツジです。
地元の方曰く、今年は少なめとのこと。それでも、鮮やかです。
d0247927_2359661.jpg


西赤石山登頂!!
d0247927_23471684.jpg


今度は縦走するぞ!!東赤石山への縦走路。
d0247927_2348858.jpg


反対側には 笹ヶ峰、伊予富士、一番奥は石鎚山です。
d0247927_23491456.jpg



マイントピア別子 で温泉に入り、帰りました。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-22 23:56 | 縦走・泊まり山行

アケボノツツジについて

アケボノツツジを見たくて、四国愛媛県西赤石山に登山しました。
その時話題になったのはどうすれば見分けることが出来るか。
アケボノツツジはミツバ(三葉=3枚の葉)に対するゴヨウ(五葉=5枚の葉)
ツツジの仲間でアカヤシオとシロヤシオの2種中アカヤシオの系統で、この
仲間は九洲の山地に生育するツクシアケボノツツジがあるそうです。
このように葉の数で見分けることが出来るとのこと。
アケボノツツジはツツジ科で、ツツジ科にはレンゲツツジ、ヤマツツジ、ミヤマキリシマ
イワナシ、ハナヒリノキ、ドウダン、コケモモ、クロマメノキ、ヨウラク、シラタマノキ
イワハゼ、シャクナゲ等がある。
この山行で珍しい花を見ることが出来ました。宿泊した銅山越ヒュツテ付近で咲いていた
シコクカツコンソウで濃いピンク色の花が美しく、ヒュツテには写真が掲示されていた。
また、山道ではツガザクラの花、オオカメノキの花も見ることが出来ました。B班 寺田
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-22 21:09

耳よりなお話

1. 最近のニュースによれば、高山病の予防また血圧を安定するためには朝運動をして、牛乳を飲むと
効果があるといわれていますので、試してはいかがでしょうか。確かにわたしは実践していますが、効果が
あるようです。
2. 連休で多くの方が低体温症でなくなりましたが、必ずしも冬山で起きると限りませんので、岳友にも
掲載しますがぜひ読んでください。救急法については適宜岳友に掲載しますので参考にしてください。
     安全対策部 寺田
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-16 19:02

赤岳・天狗尾根

日 程 : 平成24年5月3日~5月6日
参加者 : 舛井、中嶋、二宮、安藤
行き先 : 赤岳・天狗尾根


More 続きを読む
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-12 13:09 | クライミング・雪山

山神社(姫路)



日程:2012年4月28日(土)
参加者:4名(C班)
場所:山神社(姫路市別所)
内容:フリークライミング
投稿:C班 細井

 初めてのエリア、「山神社」。その名の通り、ルートの取りつきには、神社がある。
 ここで安全祈願。神様よろしく。

 いくつかある岩のうち、「左岩」へ。 
 昔登山靴で開拓されたルートらしく、ぼこぼこと大きな穴があり、岩がもちやすいのか
もちにくいのか微妙な感じ。
 日当たり良すぎて暑すぎた1日。
 
 試しにトイカメラで撮影してみた。意外といいかも

岩の表面の様子
d0247927_17121065.jpg


クライマーは誰? 
d0247927_1711565.jpg


天気がよいよい。この大木が唯一日差しを遮ってくれる
d0247927_17105611.jpg



[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-11 17:41 | クライミング・雪山

GW北八ヶ岳縦走

日程:2012年5月4日(金)~6日(日)
参加者:5名
行程:渋の湯~黒百合ヒュッテ
黒百合ヒュッテ~中山峠~東天狗~根石岳~箕冠山~夏沢峠~硫黄岳~赤岩の頭~赤岳鉱泉
赤岳鉱泉~美濃戸口

1日目
曇ったり、晴れたり不安定な天気の中車で向う。諏訪ICからは八ヶ岳が見え、ホッとする。
13:36渋の湯へ到着。所々凍っていて途中でアイゼンを装着。
d0247927_07312.jpg

雹や小雨にふられたり、雪を踏み抜いて膝まではまったりしながら16:07黒百合ヒュッテに到着。
d0247927_083181.jpg

小屋はGWとあって人も多かった。

2日目
6:58風が強くやや不安に思いながらも晴天に後押しされ、黒百合ヒュッテを出発。
d0247927_2240738.jpg

d0247927_016454.jpg

7:05中山峠、8:15東天狗に到着。
d0247927_0145537.jpg

9:03根石岳到着10:13夏沢峠。
硫黄岳へ急な登り振り返ると東天狗、西天狗が一望できた。
d0247927_0175963.jpg

沢山のケルンを見ながら11:30硫黄岳山頂到着。
横岳、赤岳、阿弥陀岳。絶景です!
11:59赤岩の頭に到着し、記念撮影。
d0247927_0212078.jpg

14:05赤岳鉱泉に到着。赤岳を見ながらティータイム。優雅な一時。
d0247927_0343684.jpg

温泉で汗を流し、尾頭付きエビフライ豪華な夕食をいただきました。

3日目
8:00赤岳鉱泉出発。天候が良くないため、下山することに。
途中雷雨にふられる。9:26美濃戸山荘にて雨宿り10:30美濃戸口。タクシーにて茅野へ。

メインの2日目は好天に恵まれ、北八ヶ岳を満喫することができました。
爽やかな春山で癒され、至福の休日となりました。
ありがとうございました。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-11 00:38 | 縦走・泊まり山行
日 程 :4月14日(土)~15日(日)
参加者 :6名
行 程 :愛発越~乗鞍岳~芦原岳~黒河峠(テント泊)
     黒河峠~三国山~赤坂山~栗柄越~寒風峠~
     マキノピックランド(温泉)

初めての高島トレイル。ハイキング気分で参加しました♡
4月はお花の季節。桜とかきっと満開で我々を待っているに違いない!!

今回はこんなコースです。とっても楽しみ。
d0247927_2183020.jpg


国境高原スノーパークってスキー場から登ります。
d0247927_2211134.jpg


あっ・・・あれれ?雪積もってるやんか。 お花はーーー?
d0247927_221365.jpg


ここらへんから山道に入るのです。  山道が雪で埋もれてます。
d0247927_223265.jpg


道とかわからない感じになってきました。  スーパー探検気分です。
d0247927_2244323.jpg


尾根までもう少し。  登るぞー。
d0247927_2262475.jpg


尾根に出ました。  所々に建物があります。  何の施設でしょうか?
d0247927_2274312.jpg


ここでランチタイム。  もうホワイトアウトしちゃってて・・・お花とかあきらめた。
d0247927_2304563.jpg


ブレーキテストです。  安全速度を守りましょう。
d0247927_2323332.jpg


晴れてたら素敵な尾根道なんだろーなー。  みんなが見えません。
d0247927_2352472.jpg


ようやく本日の目的地、黒河峠に到着です。  おなか減った。
d0247927_2362887.jpg


ここには立派なトイレがありました。 いろいろと安心です。  水は出ません。
d0247927_2374477.jpg


秘密基地を設営し、さっそくディナーの準備に取り掛かります。
d0247927_2385867.jpg


ディナーはお鍋(もうだいぶ食べた後・・・)とーーー
d0247927_240123.jpg


イチゴ♡  そのあとは青春を語り合いながら眠りました。
d0247927_2401544.jpg


翌日・・・
お天気はーーーー晴れ!!
d0247927_2424981.jpg


雲海も綺麗です。
d0247927_2432429.jpg


赤坂山の標識が・・・朽ちて地面に落ちてました。  ちょっと借りて撮影。
d0247927_2443232.jpg


お天気の雪山はサイコーです。  気持ちがいい。
d0247927_2464922.jpg


明王の禿とかっていうゾーン。  ちゃんと禿てます。
d0247927_2481564.jpg


やっと下山。  黄色いかわいい花が咲いていました。
d0247927_249161.jpg


マキノスキー場に到着。
d0247927_2501949.jpg


斜面で語り合う二人。
d0247927_251364.jpg


この後、温泉に入って帰りました。

おしまい。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-05-01 02:52 | 縦走・泊まり山行