大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

カテゴリ:未分類( 13 )

8月11、12、13、14日南アルプス、聖岳、赤石岳、荒川岳縦走してきました!!
メンバーは、U村、K林、M所

10日(金)20時大阪駅集合のはずが、仕事終わらずで、なんだかんだの22時過ぎ大阪出発です。
今回の山行の課題は、軽量化!!ザックは、15キロ以内に!!とのことでしたが、集合して、確認すると。。K林は、17キロ。M所は、16キロ。U村は、測ってもなく。。これで大丈夫だろうか??

1日目、11日6時30分畑薙臨時駐車場到着!!南アルプスは、遠いです。すぐに準備を整え、7時30分の東海フォレスト臨時バスに乗り、椹島へ!!天気も晴れで、8時55分から気合を入れてスタート。
聖登山口からすぐ急登!そのあとは、長いトラバース、太陽があたりキレイな緑の中、沢もあり南アルプスの天然水の世界!!とっても気持ちがいいです!!
d0247927_18444450.jpg
高度が上がるほどガスが。。。だんだん白い世界に。。
早くテン場に着かなければと、頑張り14時45分、聖平小屋到着!ウエルカムフルーツポンチに癒され、テントを張るとすぐに雨。。。夏山なのにテントで晩ご飯です。

2日目、3時起床4時55分出発!5分前出発優秀です。
d0247927_18454479.jpg
6時20分小聖岳。気持ちいい稜線を歩きながら、7時15分、前聖岳いい天気です!!
d0247927_18462750.jpg
9時20分兎岳ガスってます。。10時15分小兎岳、青空がみえたり、真っ白になったり、11時15分中盛丸山
d0247927_18485773.jpg
ちょっと赤石岳みえてます。まだまだ登れるっということで、12時05分大沢岳!!ちょっと休憩して、今日の小屋百間洞が見えます!!あとは、下るだけ!!のはずが。。。岩岩のガレガレ!!降りにくい!!長い、長い下り!!なんとか、13時30分百間洞山の家到着!!14時から土砂降りの雨。小屋泊にしてよかった!!美味しいトンカツいただきました!!

3日目、この山行の山場です!!軽く行動食をとり、ヘッドランプつけ、3時50分山小屋出発です!!
4時50分百間平、名前の通り真っ平ら!!こんな山の上に!!空も明け始め幻想的です。
d0247927_18493663.jpg
いい天気です!!6時35分赤石岳景色に感動!!
d0247927_18530886.jpg
d0247927_18533213.jpg
だんだんガスが!!
でも、そのおかげで、ブロッケン現象みれたりと、またまた感動!!
d0247927_18503764.jpg
7時20分小赤石岳もう真っ白です。荒川前岳10時5分、10時15分荒川中岳やっぱり真っ白。
うっすら見えるあれが悪沢かしら??近づくとなかなかの急登11時35分悪沢岳!!!今回の最高峰です!!
d0247927_18514595.jpg
お花畑楽しみながら、
d0247927_18521706.jpg
今回の最後のピークの13時千枚岳。惜しみつつ、生ビールを飲みたい!!と、急ぎ13時40分千枚小屋!!一番不安の3日目終了!!生ビールが美味しい!!
d0247927_18561768.jpg
ちょっぴり飲み過ぎちゃいました(笑)

4日目、3時30分起床!朝日と富士山が見えるという千枚小屋ですが。夜の雨のせいが、雲が多く、日の出は見れず。うっすら、富士山がみえます!
d0247927_18551173.jpg
今日は下山のみ!!と思うとなかなか準備を進まず。6時5分出発。7時5分見晴台昨日の、真っ白だった歩いた山々が全部見えます!ちょっぴり感動!下るだけと思っていたのですが。。永遠くだり。。もう膝ガクガクで、なんとか10時25分椹島到着です。10時30分のバスに乗れず、13時バスに!!時間があるので、色々お片づけ!!としている間に、蜂に頭を刺されるというハプニング!!最後の最後で、本当に鈍臭くてすみませんでした。

文:M所

[PR]
by toyonaka-rouzan | 2017-08-15 18:42

坊村より武奈ヶ岳

少し前ですが、1月11日に武奈ヶ岳                                     

                                        投稿者  B班 カ

明日はあてもなく一人で山行と決めていたところに、天使のメールが…

行かねばなるまい! という事で武奈ヶ岳、最高でした。

何がって? 晴れ 木々に新雪 雪がいっぱい ほどよくトレース 稜線は涼しい?
ハードシェル着ていなかったのは私だけのような気がします。

コース上にはたくさんの人でたぶん100人くらいはいらっしゃったかと。
復路は雪が腐ってトレース壊しの直降?でマナー違反かな?ごめんなさい。

2シーズン目の雪山ですが、やっぱり雪山最高です。

d0247927_1255196.jpg

さあ 行くぜ!

d0247927_1255322.jpg

d0247927_12555173.jpg

この感じが たまらない!

d0247927_1256178.jpg

美しすぎる~ 

d0247927_1258814.jpg

振り返るのは~あなた~

d0247927_12565398.jpg

ポツンと一人な感じがまたよいです

d0247927_12573640.jpg

この3人でいってまいりました。

<おまけ>
7日~8日は明神平
21日~22日は荒島岳
雪山修行 いいな~
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2015-02-05 13:03
山と渓谷8月号にヘルメット着用と遭難が掲載されていますので参照してください。
長野県遭難対策協議会はヘルメット着用奨励山域を指定しました。
戸隠連峰、北アルプス、中央アルプス、南アルプスの特定の山です。
着用で滑落した登山者が助かったとのこと。

熱中症の対策について
1.とにかく体を冷やすこと。
2.なるべく風通しのいい木陰に移動すること。
3.水分だけではなく電解質を補うスポーツドリンクや塩水を飲ませる。
4.症状が重い場合は救助を要請する。 B班 寺田投稿
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2013-07-15 07:46
11月に入り漁業支援が増えてきました。
カキ部会では水揚げされたカキにくっ付いてるムール貝を取る作業をしたり、
先日ワカメの種付けの初日を迎えロープに種を付けるお手伝いをしてきました。
初日ということでテレビ局も取材に来ておりその日の夕方のニュースに恥ずかしながら私も登場していました。d0247927_11195039.jpg
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-11-09 11:22
10月25日に南三陸町(志津川)に着きました。
三週間ぶりに戻ると町の中心部の様子が変わっていました。
一年七か月経ってようやく重機で基礎を壊し始めています。
この辺りにはもちろん家は建てることは出来ません。この先はかさ上げをしていくそうです。
町の人たちは毎日こういう所を通って生活しています。d0247927_10545929.jpg
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-11-06 11:01

リーダーのみなさんへ

岳人10月号に、2012年のリーダー考が掲載されていますので、一読ください。B班寺田
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-09-20 19:25

雲について

天候の変化を告げる雲について説明します。  寺田
1.巻積雲(うちこ雲、いわし雲)・・・高い空に出現し、雲塊の底に陰影がなく、純白色に輝く
うろこ状の雲で、波状、レンズ状、放射状、ふさ状などの雲状を現します。上空の気層の不
連続面のところに発生しやすいため、雲の変化も激しく、悪天をともないます。
2.高積雲(ヒツジ雲、むら雲)・・・巻積雲よりもひとつひとつの雲塊が大きく丸みがあって、ヒ
ツジの群れのように見え、白色か、淡灰色を帯びて、雲塊の底に陰影があるので巻積雲がで
きます。天気の下り坂を現すものと、晴天を現すものがあります。雲塊の厚みで判断します。
3.層積雲(うね雲)・・・移動性高気圧の南端や気圧の谷の通過前後、2000メートルくらいの
所に出現する雲で、暗灰色のの大きな雲塊が、畑のうねりのように並んで見えます。特に悪天
伴うことはありません。
4.レンズ雲・・・上空の風が強まってくると、風が高い山岳を乗り越える時に、地形の影響を受
けて、風の流れに上下の動きが発生し、波ができます。この波を山岳波とよび、山岳波の波頭
の風上側のところに雲が発生して、レンズ状の形成します。天候は下り坂の兆しになります。
5.つるし雲・・・上空の強風が高い山岳を乗り越える時に、山岳の影響を強く受けて、風上側に
強制的な上昇気流が生じ、強風が山岳の両側を回ってきた気流と合流することによって、ある
一定の場所で気l流が再度上昇を起こし、そこに雲が発生します。天気の下り坂を示す兆しと
なっていますが、時には天気の回復時にも出現します。
6.かさ雲・・・上空に湿った強い気流が生じますと、独立峰の頂部に雲がかかりやすくなります。
その姿が山が笠をかぶっているかのように見えることから言われています。特に、富士山の笠雲
が有名です。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-07-15 18:30

気象について

天候については下記ようなことが言われていますので、参考にしてください。 寺田
雲について・・・天気の悪化を告げる巻積雲、全空の高積雲は天気は下り坂、雷雲発生を告げる層積雲
         笠雲は悪天の兆し、くらげ雲は天気急変の兆し
風について・・・風上側は悪天、風下側は好天、山谷風の変化に注目
気温について・・・夜間の冷え込みは翌日は晴天、気温上昇は天気下り坂、温度差が大は晴天、小は悪天
視界について・・・物がはっきり見えると悪天、視界がボケたら雷雲に注意
音について・・・物音がよく聞こえれば天気下り坂
星について・・・眺める星のまたたきが激しくなると下り坂
空の色について・・・朝焼けは雨天、夕焼けは晴天の前兆
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-07-14 19:36
7月13日 朝のNHKテレビで放映していました。
府連ニュースで掲載されている気象講演会の講師 猪熊氏が解説されていました。
猪熊氏はヤマケイの中で気象を担当されていますので参考にしてください。
疑似好天とは、2つ玉低気圧のときにこのような現象が起こるといわれています。
ちょうど2つの低気圧の中間に入ったときに相対的な高圧部に入り穏やかな天候
になるそうです。しかし、低気圧通過後に侯面の気圧傾度の大きい(等圧線の混み
合った)領域に入ったときに猛烈な北風が吹いて大変危険な状態になります。
4月末の北アルプスもそのような状況が天気図で見ることができます。寺田
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-07-13 19:19

大台 大杉谷登山情報

大杉登山口から桃の木山の家に行くコースは4月下旬開通していますが、
大台ケ原からのコースは9月以降になるそうです。
松坂から大杉登山口に行くバスは便数がありませんので、三重交通
エスパール交通に確認してください。詳しいことは、桃の木山の家の
HRに掲載されていますので、参考にしてください。

いまニュースで宮城勤労者山岳会の遭難報道がありましたが、遭難が
続いていますので、どうか安全登山を心がけてください。 寺田
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-06-17 06:10