大阪・豊中勤労者山岳会のブログです


by toyonaka-rouzan

初級登山学校 実技「訓練山行」

日時   :5月27日
場所   :箕面山
講師   :広高 田中
スタッフ :野村 二宮 田中(陽)
生徒   :(1班) 木村 北川 長谷川 加藤 合田
       (2班) 北村 村瀬 西山 伊地智    (敬称略)

{行程}9:00箕面駅集合→9:15箕面駅出発→9:35桜広場着→10:00桜広場出発→箕面川沿い11:00石子詰→11:40箕面山山頂(352.3m)→12:00三国岳山頂(395.8m)→12:40ようらく台園地着(テント設営・昼食作り)→14:55ようらく台園地出発→15:15尾根(1班)谷道(2班)に分かれて下山→16:15落合橋(1班2班合流)→16:21瀧安寺解散→17:00箕面駅着

初めて大型ザックでの山行。田中校長にザックの重さを計ってもらい、14㌔と言われ不安になる。ザックのストラップの長さや荷物の入れ方を調整後、読図をしながら出発。調整後は皆ザックのバランスも良くなり背負い心地が改善しました。
新緑がとても美しく良い天気。ザックが重い分「ゆっくり登る」「呼吸の意識」「体重移動」「ヌルヌルと足運びをする」など意識しながら登る。
テント設営は班にテント経験者がいたのでスムーズに組み立て出来ました。{テント本体の組み立てはポールを全部セットしてから金具を止める。テント本体とフライの出入り口を合わせる。フライとペグの連結は90度にすると丈夫。}
昼食作りは時間が掛り量も多かった反省点はありましたが美味しく頂きました。
[反省点]
(1)時間厳守     集合が掛かる前にトイレ、パッキングは終わらせる。
(2)荷物の軽量化   あったら便利かなぁと思う物は必要無いと実感。 
(3)読図の理解    1班は分岐見逃しが多いため読図力、分岐付近の声かけを徹底。 

今回私はネガティブ発言「ツライ、疲れた」など封印を決意して参加。心の中でツライと叫ぶ時もありましたが、講師、スタッフ、生徒のお陰で息も切れず楽しく登れました。帰りのバス停まで走れる元気があったのでまだまだ登れそうです。ご指導有難うございました。

【写真】
桜広場にてストレッチ
d0247927_11194087.jpg


姫岩にて 来週はここから箕面川に入ります。
d0247927_11194953.jpg


石子詰にて ここから本格的な登りが始まります。
d0247927_1120711.jpg


まだまだ余裕の4人
d0247927_1120162.jpg


副校長とその仲間たち
d0247927_11202593.jpg


箕面山にて集合写真
d0247927_11203524.jpg


大きなザックにも慣れてきた?
d0247927_11204314.jpg


ようらく台園地にてテント設営の練習
(お腹すいたなあ…)
d0247927_11205191.jpg


テントの中は意外と快適かも。
d0247927_11205891.jpg


スタッフの調理風景
d0247927_1121578.jpg


1斑の調理風景
d0247927_1121556.jpg


2班は豪勢にすき焼きです。
d0247927_112262.jpg


途中で尾根道と谷道に分かれて下山します。
d0247927_11221587.jpg


龍安寺にてストレッチ
d0247927_11222327.jpg


反省会も終わって、箕面駅に向かいます。
d0247927_1122302.jpg


中華料理店にて打ち上げ。
仕事の後のビールはうまい!
d0247927_1122395.jpg


また来週も箕面で頑張りましょう。
[PR]
by toyonaka-rouzan | 2012-06-08 11:45 | 登山学校